【1/27開催】「3大学+1企業産学連携アグリ食品セミナー 「2030年の食卓」」

event

一般財団法人バイオインダストリー協会、森ビル株式会社が主催するオンラインセミナー「3大学+1企業産学連携アグリ食品セミナー 「2030年の食卓」」が開催されます。

3大学と1企業がARCH 虎ノ門ヒルズ インキュベーションセンターに集結します。

ARCH 虎ノ門ヒルズ インキュベーションセンターは、イベントやセミナー、会員専用コミュニティシステムにより、大企業やスタートアップ、業種職責を問わない多様な人材とのマッチングや企業間のコミュニケーションも支援する施設です。

新規事業や事業改革を担うチームが集結するARCHの特徴を活かし、インパクトを生みだす新しい出会いの機会を提供しています。

今回は「2030年の食卓」をテーマに公演を行います。

プログラム

・はじめに:ARCH 虎ノ門ヒルズ インキュベーションセンターのご紹介
・超精密農業の実現に向けた農作物や食品の非破壊光センシング
・未来の大豆~大豆は人類の未来を支える救世主~
・口腔機能の評価が拓く〔おいしい〕高齢者食の未来
・培養肉の大規模生産への課題と挑戦(仮題)
・大学間連携の展望、JST各種事業紹介
・おわりに
・現地名刺交換会

概要

日時:2023年1月27日(金)14:00〜17:00
会場:Zoom配信
定員:500人


2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)では、「飢餓を終わらせ、食料安全保障および栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」が目標として掲げられています。

2021年の世界の栄養不足人口は、約7億人〜約8億人と推計されており、その蔓延率は9.8%となっています。

一方、国内においては食べられるのにかかわらず何らかの理由で捨てられてしまう食品である食品ロスが出ています。

環境省の発表によると、2020年度の食品ロスの量は約522万トンと推計されています。この量は世界の食糧支援量(2020年で年間420万トン)を上回るものとなっていまい。

食品ロスの削減は国内における重要な課題のひとつであり、削減に向けた取り組みが進められ、2015年あたりから減少が続いています。

また国内の食の問題としては食料自給率の低さ(2021年は38%)が挙げられます。

さらに国際的には環境負荷の高い畜産肉からの脱却が模索されており、現在は植物性の原料(主に豆類)を利用した植物肉(代替肉、人工肉)が市場として確立されてきています。

食糧危機など大きな社会課題を解決するためには、政府やNGOなどの取り組みだけでなく、ビジネスにより持続的に利益を上げられる仕組みを構築することも重要です。しかし社会課題解決型ビジネスはビジネスとして成立させるために大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、社会課題を解決を目指すさまざまな起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を乗り越えてきたかを知ることは、ビジネスの成長につながるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ 2030年の食卓 3大学+1企業産学連携アグリ食品セミナー バイオインダストリー協会 人工肉 植物肉 農業 食品 高齢者食
詳細はこちら

3大学+1企業産学連携アグリ食品セミナー 「2030年の食卓」:オンライン

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

農業用収穫ロボットを開発する「AGRIST」が「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の優秀賞を受賞
2021年4月30日、AGRIST株式会社は、2021年3月6日(土)に開催された日経ソーシャルビジネスコンテストにおいて、優秀賞を受賞したことを発表しました。 日経ソーシャルビジネスコンテストは、日…
地域と生活者をつなぐオンライン食体験「ふるさと食体験」など地方創生事業を展開する「キッチハイク」が資金調達
2022年9月20日、株式会社キッチハイクは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先である都市と地域の銀行系ベンチャーキャピタルなどの協力により、全国の地域連携を強化します。 キッチハイ…
「ポストコロナを見据えたサプライチェーンの緊急強化対策事業」補助金
農林水産省は「ポストコロナを見据えたサプライチェーンの緊急強化対策事業」について発表しました。 ポストコロナ下で経済の再生と社会情勢や需要の変化を見据え、卸売市場や食品卸団体等が取り組む生鮮食料品等の…
【2023年1月13日開催】ウェビナー「食品輸出セミナー」
関西広域連合は、「食品輸出セミナー」の開催を発表しました。 地域の優れた食材を世界中へ輸出することを目標に掲げ、その機運を盛り上げるため、「食品輸出セミナー」を開催します。 内容 講演1 テーマ:競争…
飲食店の余った料理とユーザーをつないで食品ロスを削減する「TABETE」展開の「コークッキング」が1.1億円調達
2022年1月31日、株式会社コークッキングは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フードシェアリングサービス「TABETE」を運営しています。 中食・飲食店舗において、ま…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ