注目のスタートアップ

住宅ローン比較サービス「モゲチェック」を運営する「MFS」が12億円調達

company

2022年11月18日、株式会社MFSは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。

MFSは、住宅ローン提案サービス「モゲチェック」、オンライン不動産投資サービス「INVASE(インベース)」を運営しています。

「モゲチェック」は、新規借入・借換別に最新の住宅ローンランキングを掲載しているほか、借入希望額・自己資金・物件所在地・年齢といった必要情報を入力することで最適な住宅ローンを提案する「モゲレコ」、記事コンテンツなどを提供しています。

今回の資金は、「モゲレコ」のマーケティング強化に充当します。具体的には、法人チャネルの開拓強化とエンドユーザー向けの集客強化を行います。

住宅金融支援機構が発表している「業態別の住宅ローン新規貸出額及び貸出残高に関する調査結果(2021年度分)」によると、2021年度の新規貸出額(借換えを含む)は、21兆6,896億円と対前年度比で3.5%増加し、6年連続で20兆円台となっています。

新規貸出額が増加しているのは、住宅着工数の増加や、中古住宅の需要の高まり、住宅価格の上昇、低金利政策の継続などが理由であると考えられています。

金融機関側としては、住宅ローンは個人向けローンとしてもっとも大きなものであり、低金利によって収益は薄いものの、有担保で貸し倒れ率の低い住宅ローンは安定した収入源として重要なものとなっています。

一方、今後は住宅取得者の減少が予測されており、金融機関では住宅ローンの獲得競争が激しくなってきています。

また借り手側は、自身にとって最適な住宅ローンを選びたいのですが、さまざまな住宅ローン商品の中から最適なものを選ぶのは至難の業です。

こうした背景から、借り手が最適な住宅ローンを選択でき、さらに金融機関の集客としても活用できる住宅ローン比較サービスのニーズが高まっています。

株式会社MFSのコメント

このニュースを受けまして、株式会社MFS 取締役COO 塩澤崇氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

マーケティング強化です。具体的には「モゲチェックパートナー」という法人チャネルの開拓です。住宅ローンビジネスを手掛けたい企業を募り、彼らの顧客基盤に対してモゲチェックをご案内頂きます。今まで住宅ローン斡旋で売上を立てることは難しかったのですが、そのビジネス基盤をモゲチェックパートナー制度を通して提供したいと考えています。

・今後の展望を教えてください。

2024年度末までに1,000社のモゲチェックパートナー企業を募ることを目標としています。

・読者へのメッセージをお願いします。

住宅ローンをご検討中の方はぜひモゲチェックをご覧ください。そして、会社としてモゲチェックパートナーにご興味ある方はぜひお問い合わせ下さい。

モゲチェックサイト: https://mogecheck.jp/
モゲチェックパートナーサイト: https://mogecheck.jp/lp/moge-partner

起業においても融資は非常に重要な位置を占めています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、おすすめの融資や申し込む際の注意点など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ INVASE MFS モゲチェック モゲレコ ランキング 不動産 住宅 住宅ローン 株式会社 資金調達 金融機関
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地域と生活者をつなぐオンライン食体験「ふるさと食体験」など地方創生事業を展開する「キッチハイク」が資金調達
2022年9月20日、株式会社キッチハイクは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先である都市と地域の銀行系ベンチャーキャピタルなどの協力により、全国の地域連携を強化します。 キッチハイ…
民間金融機関による「早期経営改善計画策定支援」の取り扱いが開始
2024年1月24日、中小企業庁は、民間金融機関による「早期経営改善計画策定支援」の取扱開始について発表しました。 2024年2月1日から、「早期経営改善計画策定支援」(ポストコロナ持続的発展計画事業…
「ジャパネットホールディングス」が超小型陽子線がん治療装置を開発する「ビードットメディカル」に出資
2023年3月14日、株式会社ジャパネットホールディングスは、ペガサス・テック・ベンチャーズが主催する「スタートアップワールドカップ2022日本予選」において、株式会社ビードットメディカルに対してジャ…
顧客と宿泊施設・地域産業をつなぐタブレットツール「cocodake」などを提供する「あめつちデザイン」が「BENLY」と業務提携
2023年5月29日、あめつちデザイン株式会社は、「cocodake(ココダケ)」の販売商品配送において、株式会社BENLYと業務提携したことを発表しました。 あめつちデザインは、顧客と宿泊施設・地域…
届けたい情報を必要とする人のもとに届けるための自動化プラットフォーム「Ecomedia」開発の「Scalably」が資金調達
2022年3月2日、Scalably株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 誰かが発信するエコシステム情報を、届けたい人々に伝え続けるための自動化プラットフォーム「Ec…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】