「2025年日本国際博覧会」(大阪・関西万博)公式参加者向けサプライヤー募集

tips

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、公式参加者が出展するパビリオンに関わるさまざまな事業者のリストを作成するため、このリストへの登録を希望する事業者を募集することを発表しました。

「募集業種」
公式参加者のパビリオンに関する以下の業種
・建築と設備の設計・施工
・敷地整備と造園
・展示装飾
・ガイド・通訳等人材派遣サービス
・広報(WEB・パンフレット作成等)
・家具、家電レンタルサービス
・車両サービス(レンタカー/貸し切りハイヤー・バス会社)
・警備(公式参加者展示エリアでの施設警備と機械警備の両方の提供が可能な警備会社であること、また機械警備については、自社の警備員が万博会場まで即応体制に従って駆け付けることが可能であること)
・食品衛生検査(公式参加者展示エリアにて食品を扱う場合の検査機関)
・ビルメンテナンス(公式参加者展示エリアにおける設備・機器等の清掃、保守管理、害虫駆除その他の衛生維持に必要なサービスを提供する総合的な管理業者)

「応募資格」
・事業の実施やサービスの提供にあたり必要な資格を有していること。
・国内外における国際的な博覧会、スポーツイベント等におけるサービス提供の実績があること。(ただし、食品衛生検査とビルメンテナンスは除く)

「募集期間」
2022年11月7日(月)14:00 ~ 2022年11月28日(月)14:00

「備考」
・登録を希望する事業者全員を登録することを予定しています
・一般に公開するのではなく、公式参加者のみに提供することを予定しています
・掲載は無料であり、登録料、仲介料等は必要としません
・登録・掲載により、公式参加者との契約締結を保証するものではありません

2025年4月13日から2025年10月13日まで、大阪市夢洲で「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」が開催されます。

この万博には150か国・25の国際機関の参加が見込まれています。さらにそのうち50か国は独自のパビリオンを建設することを予定しています。

公式参加者はパビリオン建設やその運営のため、現地の事業者を利用することが想定されます。このリストはそのパビリオンの設計・施工・展示工事・運営サービスなどを実施可能な事業者のリストとして作成されます。

海外の事業者などと関わることで海外の取引先を開拓できる可能性もあります。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 2025年日本国際博覧会 サプライヤー 募集 大阪・関西万博
詳細はこちら

公式参加者向けサプライヤー募集のお知らせ

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

空飛ぶクルマと物流ドローンを開発する「SkyDrive」が96億円調達
2022年9月26日、株式会社SkyDriveは、総額96億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SkyDriveは、空飛ぶクルマと、30kgの荷物を運搬できる物流ドローン「SkyLift」を開…
サプライチェーンリスク管理プラットフォーム運営の「Resilire」が1.5億円調達
2021年9月1日、株式会社Resilireは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サプライチェーンリスク管理プラットフォーム「Resilire」を運営しています。 サプラ…
2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)「運営参加」第4回募集
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の運営に必要な施設・物品・サービスの提供を募集しています。 運営参加として、募集リスト(募集HPのExcelファイ…
ビーコンを使ったPOI位置情報プラットフォーム「pinable」提供の「スイッチスマイル」が資金調達
2022年5月24日、株式会社スイッチスマイルは、資金調達を実施したことを発表しました。 関西万博に寄与し関西の活性化を目指すスタートアップに出資をする「大阪・関西万博活性化ファンド」の出資1号案件と…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ