注目のスタートアップ

コネクテッドバッテリー「MaBeee」を展開する「ノバルス」が「アロン化成」と資本業務提携

company

2022年10月20日、ノバルス株式会社は、アロン化成株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表しました。

ノバルスは、乾電池を使う製品のモニタリングや遠隔での出力制御を実現するコネクテッドバッテリー「MaBeee(マビー)」シリーズを開発・提供しています。

「MaBeee」は、単四電池を単三電池にするアダプターにワイヤレス通信技術を搭載したデバイスです。

照明・トイレ・テレビ・エアコンが利用されたことを通知する家族みまもりサービス「みまもり電池」、単三電池で動くおもちゃなどの製品を専用アプリからコントロールできるようになる「MaBeeeトイコントロールモデル」などを展開しています。

「みまもり電池」は、家電やリモコンに利用する電池をコネクテッドバッテリーに変更することで、手軽に高齢者などの見守りを実現します。

アロン化成は、ライフサポート事業部において、福祉機器「安寿」シリーズを展開しています。

トイレ用手すり、ポータブルトイレ、シャワーベンチ、浴槽用手すり、シルバーカー、転倒予防マットなど、福祉機器・介護用品を約1,000点展開しています。

今回の提携により、在宅や施設における介護現場のDXのための新たな介護福祉機器・サービスの事業化を推進します。

国内では高齢者の増加と同時に、単独世帯の高齢者や共働き世帯も増加しています。これに伴い、離れて暮らす親がちゃんと生活できているのか不安に感じる家族が増えています。

子世代はスマートフォンなどのデジタルデバイスを利用して連絡を取り合うことが可能ですが、シニア世代はデジタルデバイスを使いこなすことが難しいこともあります。

そのため、高齢者の見守りのため、手軽に導入・利用できるデバイス・IoTのニーズが高まっています。

すでに多種多様なサービスが登場しており、防犯カメラを利用したもの、コミュニケーションロボットを利用したもの、ウェアラブルデバイスを利用したもの、シニア向けプリペイドカードを利用したものなど多岐にわたります。

ノバルスのアイデアは、乾電池をIoTデバイスにするというものです。乾電池がインターネットにつながることで、乾電池を使う製品のモニタリングや遠隔での出力制御が可能となります。

ほぼすべての生活者は、テレビやエアコンのリモコンなど、乾電池を使う製品を使用しています。

毎日使用する家電で見守りができるだけでなく、その導入も簡単で、他の方法に比べてコストが低いという特徴があります。

IoTなどテクノロジーの活用は、業務効率化や省人化のために重要なものです。創業期はコストの面から多くのシステムの導入は難しいかもしれませんが、優先度の高いものから導入することで、創業期から効率的な業務を行うことができるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT IoTデバイス MaBeee アロン化成 インターネット シニア ノバルス バッテリー みまもり電池 モニタリング 乾電池 介護用品 安寿 家族 株式会社 福祉機器 見守り 資本業務提携 資金調達 通信 遠隔 電池 高齢者
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

注目企業120社が登壇するオンライン展示会「ものすごいベンチャー展」が7/12から開催
株式会社コミクスは、「ものすごいベンチャー展」を2021年7月12日(月)~16日(金)に開催することを発表しました。 「ものすごいベンチャー展」は、コミクスが選出した注目のベンチャー企業約120社が…
オリジナルパッケージ作成プラットフォーム運営の「shizai」が5億円調達
2022年6月8日、株式会社shizaiは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 shizaiは、オリジナルパッケージ作成プラットフォーム「shizai」を運営しています。 アパレル・サ…
女性のための金融コミュニティを運営する「きんゆう女子」が資本提携・出資受け入れ
2022年9月1日、株式会社きんゆう女子は、個人投資家の田沼豪氏、ベンチャー投資を行うAI・テクノロジー・イノベーション・ファンド有限責任事業組合、株式会社KIJと資本提携及び出資を受けたことを発表し…
IoTスマートホームを展開する「アトムテック」とIoTプラットフォーム提供の「ソラコム」が資本業務提携
2022年5月18日、アトムテック株式会社は、株式会社ソラコムと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アトムテックは、スマートホームカメラ「ATOM Cam」を展開しています。 ソラコムは…
子供の写真・動画がテレビで見られる「まごチャンネル」提供の「チカク」が4.6億円調達
2019年10月1日、株式会社チカクは、総額4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 子供の写真・動画が実家のテレビで見られる「まごチャンネル」を提供しています。 実家のテレビに専用…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ