注目のスタートアップ

アフリカの農村に無線ネットワークインフラを安価・短期間に構築することを目指す「Dots for」が4,800万円調達

company

2022年9月21日、株式会社Dots forは、総額4,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Dots forは、無線技術「メッシュネットワーク技術」を活用し、アフリカの農村に無線ネットワークインフラを圧倒的安価・短期間に構築することを目指しています。

それぞれ対等な関係でメッシュ状のネットワークを構築するメッシュネットワーク技術が搭載された無線Wi-Fiルーターを複数設置することで、安価・短期間に農村内に無線ネットワークインフラを構築します。

村内の住人は、この無線ネットワークにアクセスすることで、村内に設置されたサーバーに保管されたデジタルコンテンツやサービスにアクセスできます。

村内をデジタル化・オンライン化することで、遠隔教育、遠隔医療、クラウドワークなどを利用できる“Smart Village”の構築を目指しています。

アフリカでは固定回線の整備よりも基地局の点での整備が比較的簡単なこともあり、2000年あたりからフィーチャーフォンやスマートフォンが普及しています。

一方で、人口密度が低く、経済的にも余裕のない地方の農村部では、いまだ高速通信インフラの整備が進んでいません。

携帯電話・スマートフォンの普及率は高いため、農村部においても高速通信インフラが整備されることで、教育・医療・行政といったコンテンツにアクセスできるようになり、生活が一変する可能性があります。

Dots forは、メッシュネットワーク技術を用いることで、安価かつ短期間に各村内に無線ネットワークインフラを構築することを目指しています。

通常のネットワークは、単一のハブや中継機器を中心に、スター型・ツリー型に形成されることが一般的です。

しかしメッシュネットワークは、単一の中心点を持たず、それぞれの中継機器(ルーター)は隣接する機器とだけ通信ができればいいため、弱い無線出力でも広い範囲をカバーできます。

さらに、いずれかのルーターが外部のインターネットに接続されていれば、メッシュに接続するすべてのスマートフォンはインターネットに接続できます。

株式会社Dots forのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Dots for 共同創業者兼CEO 大場カルロス氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

アフリカ農村部のデジタル化を進めるため、ベナンとセネガルでのサービス拡大とより利便性を高めるソフトウェア・ハードウェアの開発を目的としています。

・今後の展望を教えてください。

村の中で提供できるデジタルサービスとして現在は動画サービスを展開していますが、教育や医療といった様々なデジタルサービスを展開できるプラットフォームとしてサービスを広げていくことを計画しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

日本から物理的にも心理的にも遠いアフリカですが、まさにこれから発展していく熱を感じることができる世界の数少ない場所の一つだと思っています。機会があれば一度訪ねて欲しいですし、可能であれば都市だけでなく地方の村々まで足を運んでくださると嬉しいです。

社会課題の解決はビジネスとして行えるものもあります。しかしビジネスとして成立させるまで、資金をどう調達するかが大きな課題となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Dots for アフリカ インフラ ネットワーク メッシュネットワーク 分散型通信 株式会社 構築
関連記事はこちら

Dots for 大場カルロス|誰もがオンラインである世界を目指して アフリカ大陸ラストワンマイルのインターネット網敷設への挑戦

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

SaaSインテグレーション・サービス「Hexalink」の提供元が8,000万円調達
2019年7月9日、ビーテクノロジー株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SaaSインテグレーション・サービス「Hexalink(ヘキサリンク)」を開発・提供していま…
建築学生向けサービス「BEAVER」運営の「ArchiTech」が3,500万円調達
2021年5月24日、ArchiTech株式会社は、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建築学生向けに、設計作品共有サービス・建築ソフト学習サービス・就活支援サービスなどを提供…
顧客の声の分析AIを提供する「レトリバ」と顧客対応をクラウド化する「ジーネクスト」が業務提携
2022年5月16日、株式会社レトリバは、株式会社ジーネクストと業務提携契約を締結したことを発表しました。 レトリバは、顧客の声の分析AI「YOSHINA」や、社内文書検索アプリケーション「TSUNA…
運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE」運営の「Alpaca.Lab」が7,000万円調達
2020年3月9日、株式会社Alpaca.Labは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE(エアクル)」を開発・運営しています…
D2C特化のサブスクリプション型離乳食など展開の「MiL」が1.8億円調達
2020年1月15日、株式会社MiLは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 D2Cに特化したサブスクリプション型離乳食「Mi+ミタス」や、ヘルスケア創作料理レストラン「倭…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ