注目のスタートアップ

縦型ショート動画のマーケットプレイスを提供する「kamilas4am」が2,400万円調達

company

2022年9月8日、kamilas4am株式会社は、総額2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。

kamilas4amは、東南アジアにおいてスモールビジネスとスタートアップ向けの縦型ショート動画を制作しています。

アマチュアのクリエイターを自社内で育成するなどの工夫により、通常のインフルエンサーよりも価格を抑えつつ、クライアントとクリエイターのコミュニケーションの間に入ることで品質を保っています。

kamilas4amは、東南アジアにおいて2,000万人の潜在顧客がいると推定しており、このデータをもとにフィリピンから事業を開始し、東南アジア諸国へと展開する予定です。

サービスは9月末にα版のリリースを予定しています。

フィリピンはスモールビジネス(個人経営・家族経営のビジネス)が多く、とくにジュース・お菓子・タバコ・洗剤など雑多な商品を販売する小売店であるサリサリストアは、フィリピン全土の約100万店舗あるといわれています。

ほかにもさまざまなサービスがスモールビジネスとして提供されています。

一方で、フィリピンもコロナ禍の影響を大きく受けており、2020年の小売市場の売上高は前年比10.2%減少しています。一方で、2020年のECの売上額は前年の約1,060億ペソから1,630億ペソへと大きく増加しており、ビジネスにおけるデジタル化が進んだことがわかります。

kamilas4amによると、こうした環境の変化に対応するため、スモールビジネスではSNSなどを活用し、集客と信頼の強化を図る必要性がでてきているそうです。

フィリピンの国民の平均年齢は26歳と非常に若く、こうした世代はSNSにおいて動画コンテンツを好む傾向にあります。とくにTikTokは全国民のうち48%が利用しているというデータがあります。

TikTokは、ユーザーが縦型のショート動画を投稿できるSNSであり、ひとつの動画を見終えるとすぐに次の動画が再生されることが特徴です。

kamilas4amはこうした縦型ショート動画の制作を、スモールビジネス・スタートアップ向けて提供することで、集客や信頼性強化を支援しています。

SNSのアカウントは無料で作成できるものがほとんどであるため、SNSマーケティングは比較的低予算からはじめられる、コストパフォーマンスの高いマーケティングのひとつです。創業期などコストの問題から大規模なマーケティングの実施が難しい時期でも取り組める施策です。またSNSアカウントを育てていくことで、将来的に大きなリターンが得られる可能性もあります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネットでのPRノウハウや、SNSの活用方法などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Kamilas kamilas4am インフルエンサー クリエイター ショート スタートアップ スモールビジネス フィリピン マーケットプレイス 制作 動画 東南アジア 株式会社 縦型ショート動画 育成 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「かんざし」がオンライン商談・面談サービス「クラウド商談どこでもSHOWBY」をリリース
2021年1月12日、株式会社かんざしは、「クラウド商談どこでもSHOWBY」を2021年1月12日から提供開始することを発表しました。 「クラウド商談どこでもSHOWBY」は、初期費用0円・月額利用…
アフリカの未電化・未電波地域に電気・通信を届ける「TUMIQUI」を展開する「シュークルキューブジャポン」が資金調達
2022年6月30日、株式会社シュークルキューブジャポンは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、関西電力グループのコーポレートベンチャーキャピタル・合同会社K4 Venturesと、シブ…
高精細小型SAR衛星の「QPS研究所」が8.65億円調達
2020年11月5日、株式会社QPS研究所は、総額8億6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発した小型衛星用の大型軽量アンテナにより、従来の衛生の20分の1の質量、100分の1…
バーチャルミュージックプロダクション「RIOT MUSIC」運営などの「Brave group」が13.7億円調達
2022年6月7日、株式会社Brave groupは、総額13億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社バーチャルエンターテイメントと、MateReal株式会社をM&Aに…
EC購買データプラットフォームなど展開の「マインディア」が5億円調達
2022年5月31日、株式会社マインディアは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マインディアは、定性インサイトデータ蓄積プラットフォーム「Mineds for Insight Da…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ