「TBM」が温室効果ガス排出量を可視化するクラウドサービス「ScopeX」を正式リリース

tool

2022年8月30日、株式会社TBMは、「ScopeX(スコープエックス)」の正式版の提供を開始したことを発表しました。

「ScopeX」は、CO2を含む温室効果ガス(GHG)排出量を可視化するクラウドサービスです。

原材料調達・製造・物流・廃棄など、一連の事業活動から発生するGHG排出量を把握することができるクラウドサービスです。

さらに、データにもとづいた削減を行うにあたって、輸送・製造・廃棄などの各工程から自社に合った観点による削減施策を選ぶことができる機能を搭載しています。

TBMは他に、プラスチックの代替となる石灰石などの無機物を主原料とした新素材「LIMEX」や、再生材料を50%以上含む素材「CirculeX」を開発・製造・販売しています。

これら新素材の開発にあたっては、製品の原材料調達から廃棄に至るまでのライフサイクルにおける環境影響を算定している他、「LIMEX」の輸送におけるScope3の可視化に取り組み、GHG排出削減を行っています。

今回正式リリースした「ScopeX」は、これらの知見・ノウハウを活用し開発したものです。

世界の平均気温は長期的に上昇傾向にあります。このまま地球温暖化が進むと、今世紀末には地球の平均気温が最大で約4.8℃上昇すると予測されています。

この気候変動に対応するためには、政府機関だけでなく企業による取り組みが必須です。

企業の環境への配慮を促すため、各国ではさまざまな法律などが設けられている他、投資の領域においても環境・社会・ガバナンス要素を考慮して投資先を決定するESG投資が注目されています。

また、SDGs(持続可能な開発目標)の推進によって消費者の企業を見る目も変わってきているため、企業ではESGやSDGsを考慮した経営の重要性が高まっています。

ESG対応としては、GHG(温室効果ガス)の排出削減が対応策のひとつとして考えられます。

一方で、大企業のGHG排出削減にあたっては自社のGHG排出だけでなく、サプライチェーン全体で削減していくことが求められています。

しかし、サプライチェーンは複雑な構造をしていることが多く、サプライチェーン全体のGHG排出量を把握することが難しいという課題があります。

そこで近年は専用のツールやシステムが開発・提供されており、企業のESG対応を支援する体制が整ってきています。

株式会社TBMのコメント

このニュースを受けまして、株式会社TBMよりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

専門知識不要で、環境関連データの収集・算出までを一気通貫で把握することができ、作業工数を増やすことなく情報管理を内製化でき、外部委託費用を削減できます。また、環境関連情報を可視化することで、投資家をはじめステークホルダーの信頼を勝ち取ることができ、企業価値の向上に繋がります。さらに、中小企業でもお求めやすい価格帯となっており、即日スタートが可能です。

・今後の展望を教えてください。

ScopeX には、温室効果ガス排出量の削減施策をレコメンデーションする機能がついています。輸送・製造・廃棄などの観点から、自社にあったサービスをお選びいただけます。今後は、削減施策パートナーを増やし、マッチングプラットフォームとしての機能も充実させていく予定です。

・読者へのメッセージをお願いします。

現在、無料トライアルキャンペーンを実施中です。まずは実際にご使用いただき、操作性などをお確かめいただければと思います。(お申込み期間:2022年12月31日まで、トライアル期間1ヵ月)

環境・社会・ガバナンス要素を考慮して投資先を判断するESG投資の登場など、以前の資金調達状況とは大きな変化が訪れています。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ CirculeX GHG ScopeX TBM クラウドサービス スコープエックス データ プラスチック 代替 削減 可視化 排出量 温室効果ガス 石灰石 輸送
詳細はこちら

TBM、温室効果ガス排出量を可視化するクラウドサービス「ScopeX」の正式版を提供開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に特化したCRMツールを提供する「MONO Investment」が1.3億円調達
2022年5月13日、株式会社MONO Investmentは、約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MONO Investmentは、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザ…
ヘルスケア・アプリ「カロミル」の機能・データをWeb APIで法人向けに提供開始
2019年8月27日、ライフログテクノロジー株式会社は、「カロミル」の利用者の食事履歴などのライフログ・データをWeb APIで簡単にデータ取得できる「Calomeal Connect」を法人向けに提…
CO2排出量可視化・削減クラウドサービス「アスゼロ」提供の「アスエネ」が7億円調達
2022年9月14日、アスエネ株式会社は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2022年4月13日に18億円の資金調達を発表しています。 CO2排出量見える化・削減SaaS…
データ分析・可視化のコンサルティングサービス提供の「データビズラボ」が1.5億円調達
2021年6月1日、データビズラボ株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 顧客企業の、デジタル戦略設計フェーズから、データ分析・可視化、社内推進までを伴走支援する…
空き情報プラットフォーム「VACAN」提供の「バカン」が資金調達
2021年10月27日、株式会社バカンは、資金調達を実施したことを発表しました。 IoT・AIを活用して店舗などの空き情報を収集・解析・配信するサービス「VACAN」を提供しています。 独自のAIアル…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ