注目のスタートアップ

薬効予測AIや腰痛対策アプリを手がける「biomy」が資金調達

company

2022年8月23日、株式会社biomyは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社新日本科学です。

biomyは、病院に蓄積されているデータに基づいた薬効予測を行うAIや、腰痛対策アプリを開発しています。

開発する抗腫瘍薬の投薬判断支援AIプラットフォームは、過去の患者情報をAIによって解析し、適切なコホート(共通の条件を持ったグループ)を選択することで、投薬効果を最大化するAIです。

AIによって従来の投薬基準判断では使われていなかった情報を加味することで抗腫瘍薬の予後を予測し、投薬の意思決定を支援することを目的としています。

開発する腰痛対策アプリは、東京大学医学部附属病院 22世紀医療センターの松平浩特任教授が考案した腰痛対策をスマートフォンで体験できるアプリです。

その日の痛み・症状に最適な体操や、腰痛になりにくい日常生活など、エビデンスに基づいた最新の腰痛対策を提供します。

また、行動経済学と認知心理学の知見によってUI/UX設計を行っているため、自然に継続できるという特徴を持っています。

2022年4月から、一般社団法人日本運動器学会学術プロジェクトのもと、実証実験を行っています。

今回の資金は、人材採用の強化、AI・IT技術の研究開発、医療機器開発の体制構築などに充当する予定です。

世界的に高齢化が進展していますが、日本はとくに高齢化の進展が深刻な国です。

高齢化の課題としては、治療・介護を受ける人が増加すると医療費が増大し、社会保障制度が崩壊してしまう可能性があることが挙げられます。

そこで、病気にかかってから治すのではなく、病気になりにくい身体を作り、健康を維持することを目的とした予防医学に注目が集まっています。

予防医学では効果を高めるため、個人の状態を把握し、最適な施策を提案することが重要です。

一方で、健康管理や予防医学のため、定期的にクリニックなどに通うというのは難しい人も多いでしょう。

そこで、多くの人が持っているスマートフォンを活用したヘルスケア・予防医学が注目されています。

デジタルを活用したヘルスケアをデジタルヘルスケア(もしくはデジタルヘルス)といいます。

デジタルヘルスケアでは、ウェアラブルデバイスによって日々の体調の変化などを把握したり、体調の変化に応じた健康の維持や増進のための方法を提案したりします。

近年は、ヘルスケアよりも踏み込み、アプリによって病気を治療するデジタルセラピューティクス(DTx)という領域も登場し、安価で手軽でありながら効果の高い治療法として注目が高まっています。

デジタルセラピューティクスはアプリで病気を治療するというものであるため、主に患者の生活習慣の管理や、行動変容の促進、治療の継続支援などを行います。

研究開発型のビジネスは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI biomy 予測 対策 松平式腰痛対策メソッド 株式会社 腰痛 腰痛対策 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ビジネス課題の解決に特化したマッチング・プラットフォーム「ビジマッチ」がリリース
2020年4月30日、株式会社MSデジタルは、「ビジマッチ」のサービス提供を2020年4月から開始したことを発表しました。 「ビジマッチ」は、ビジネス課題の解決に特化したマッチング・プラットフォームで…
デザインとテクノロジーの力を駆使した新規事業共創を手がける「80&Company」が5,000万円調達
2023年7月13日、株式会社80&Companyは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 80&Companyは、エンジニア・デザイナー・マーケターなど各領域のプロフェッショナルが…
カーボンオフセットSaaSを提供する「Sustineri」が1億円調達
2023年5月19日、Sustineri株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Sustineriは、カーボンオフセットのためのクラウドサービス「カーボンオフセットクラウド」、…
小売チェーン向け来店予測・需要予測サービス「アスシル」などを提供する「ipoca」が2.2億円調達
2022年6月6日、株式会社ipocaは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ipocaは、スーパーマーケット向けマーケティング分析サービス「ミセシル」、小売チェーン向け来…
釣り船向けSaaS「デジタル船長手帳」などを展開する「スイベル」が5,200万円調達
2023年10月3日、スイベル株式会社は、総額約5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スイベルは、釣り船向けSaaS「デジタル船長手帳」や、toC向け釣り船データベース「BOAT F…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】