注目のスタートアップ

薬局向けのオンライン事務員による処方箋入力代行サービスを提供する「プレカル」が1億円調達

company

2022年5月11日、株式会社プレカルは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

プレカルは、薬局向け自動受付・自動入力システム「precal(プレカル)」を提供しています。

自動受付システムと、処方箋入力業務のオンライン事務員による遠隔での代行により、受付から入力業務の無人化を実現するサービスです。

入力されたデータはレセコン(2022年5月時点ではPHCのみ対応)に自動で入力されるため、受付から印刷までを大幅に効率化することができます。

今回の資金は、事業拡大に伴う全職種における採用活動の強化、「precal」の既存機能の拡張、UX/UIの向上、開発体制の強化、マーケティングに充当します。

薬局内での業務フローは、大雑把にいえば、処方箋の入力、薬の調剤・準備、薬の受け渡し、薬歴の管理というふうになっています。

処方箋の入力は薬局でもっとも大きな事務作業なのですが、事務員を配置していない薬局も多く、その場合処方箋入力は薬剤師自身が担当することになります。

処方箋の書き方は病院・医師によって異なり、そしていまだ手書きであることも多くなっています。それを電子情報にするため専用のシステムに手入力することになり、非常に大きな負担となっています。また、薬に関する情報であるため間違いが許されず、その確認のためにも時間がかかることになります。

効率化を実現するためのICTの導入も考えられますが、処方箋に多種多様なフォーマットがあるせいで、OCRで文字を読み取ったとしても適切にシステムに入力されないケースも出てきてしまいます。

近年はこの課題を解決するため、処方箋にQRコードをつけたり、電子処方箋が導入されるようになってきましたが、すべての処方箋がそれに置き換わるにはまだ時間がかかります。

プレカルは、この処方箋入力業務を効率化し事務員を不要にするため、入力代行サービス・自動受付システム「precal」を提供しています。

近年調剤薬局は、地方医療の促進と地域包括ケアシステムの構築のため、かかりつけ薬局への転換が求められています。かかりつけ薬局とは、処方箋に沿って薬を処方するだけでなく、患者の相談を受けつけ、薬学的な知見から管理・指導を行うというものです。

このかかりつけ薬局としての業務を行っていくためには、処方箋入力といった対物業務を効率化し、患者とのコミュニケーションに割くことができる時間を作り出すことが必要です。そのため、薬局内の業務効率化に向けたソリューションが数多く提供されるようになってきているのです。

アウトソーシングは創業期においても便利に活用することができます。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ precal オンライン プレカル 代行 入力 処方箋 受付 株式会社 無人化 自動化 薬局 資金調達 遠隔
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が2.5億円調達
2020年7月29日、ワンダーラボ株式会社は、2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思考力育成アプリ「…
「寝かせ玄米」をD2Cビジネスを展開する「結わえる」が8.7億円調達
2020年4月23日、株式会社結わえるは、総額8億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 製造から販売まですべての工程を自社で行うD2Cで「寝かせ玄米」を販売しています。 「寝かせ玄米…
顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が1.5億円調達
2020年8月31日、株式会社インゲージは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メール・チャット・LINE・Twitterなど様々な問い合わせ情報の一元管理・社内共有を可能…
微生物群を使用した廃棄物処理技術を提供する「komham」が5,000万円調達
2021年3月30日、株式会社komhamは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 有機性廃棄物を高速分解/減容する能力を持つkomham菌の研究と、komham菌を活用したバイオマ…
「Salesforce」導入支援などの「ウフル」が資金調達
2021年1月5日、株式会社ウフルは、資金調達を実施したことを発表しました。 2008年からセールスフォース・ドットコムのパートナー事業を開始し、Gold Partnersの一員として、「Salesf…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ