注目のスタートアップ

「TMIK」が8,000万円調達 AIによってオリジナルの楽曲を無限に生成するサービス「FIMMIGRM」をローンチ

company

2022年8月1日、株式会社TMIKは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、AIを活用した楽曲作成サービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」をリリースしたことも併せて発表しています。

「FIMMIGRM」は、ヒットソングの特徴を大量に学習し、抽出された特徴にランダムなベクトルを加えることで、まったく新しいパターンのメロディやコード進行を無限に生成するサービスです。

既存のAI作曲サービスでは難しい、メロディ(主旋律)そのものを自動で生成することを最大の特徴としています。

利用方法は、大量生成されたライセンスフリーの楽曲群からジャンルを選んで好みの楽曲を見つける方法、ユーザーが作曲した曲のデータ(MIDIデータ)を入力することで新たな別の楽曲をリアルタイムで生成する方法、AIが作曲した楽曲をベースにプロのコンポーザーによるアレンジを加えた楽曲を選択する方法の3パターンがあります。

音楽はメロディ・コード進行・リズムの3つの要素で構成されています。

もちろん音色を決める楽器の選択や、それぞれの楽器のバランス、音を加工するエフェクトなどの複雑な要素はありますが、これらはいわゆる編曲の領域となります。

作曲は、突き詰めれば音・リズムの配置です。そのため大量の楽曲をAIに機械学習させることで、AIによる作曲が実現されるのです。

こうしたAI作曲サービスによって生成された音楽は、動画のBGMや作曲のアイデアとして利用することができます。

とくに動画での利用については、多くの動画クリエイターが作曲スキルを持っていないことからニーズが高く、今後さらに成長していくと考えられています。

また、特徴を持った楽曲(モーツァルト風、ビートルズ風など)についても、これらの楽曲を大量に学習させることで、特徴を再現した音楽を生成することに成功しています。

TMIKの「FIMMIGRM」は、高品質なメロディを生成できることを特徴としており、プロによる編曲(アレンジ)によってさらに高品質な楽曲となります。どのように活用されていくのか注目が必要です。

ビジネスを成長させるには資金調達が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI FIMMIGRM TMIK オリジナル フィミグラム 作成 作曲 株式会社 楽曲 生成 資金調達 音楽
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

VR映像配信プラットフォーム「Blinky」展開の「アルファコード」が3億円調達
2022年6月7日、株式会社アルファコードは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大日本印刷株式会社などです。 アルファコードは、VR映像配信プラットフォーム「Blinky(…
「アプリコット・ベンチャーズ」と「デライト・ベンチャーズ」による社会人向け起業支援プログラム「Springboard 2021」 募集開始
2020年12月24日、株式会社アプリコット・ベンチャーズは、株式会社デライト・ベンチャーズと共に、「Springboard(スプリングボード)2021」を開催し、2020年12月24日(木)から開始…
場・イベント・Webなどジャンルレスでクリエイティブ事業を展開する「BAKERU」が2億円調達
2020年10月19日、株式会社BAKERUは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、対話型推理劇体験コンテンツ「Murder Mystery(マーダーミステリー)」を都内3店舗…
「TWO」と「カゴメ」が提携しプラントベースド・フード・ブランド「2foods」を立ち上げ
2021年4月15日、株式会社TWOは、カゴメ株式会社と包括業務提携契約を締結したことを発表しました。 TWOは、心身共に満たされるだけでなく、社会にも配慮した“真の健康”をテーマとし、相反する2つを…
太陽光発電所再生事業の「ヒラソル・エナジー」と太陽光発電所の評価・コンサルティングの「PVSQマネジメント」が業務提携
2022年1月4日、ヒラソル・エナジー株式会社は、合同会社PVSQマネジメントと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 ヒラソル・エナジーは、東京大学発のIoT技術「PPLC-PV」(電流型電力…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ