注目のスタートアップ

外観検査自動化AIサービス「メキキバイト」を提供する「フツパー」が4.2億円調達

company

2022年8月1日、株式会社フツパーは、総額4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

フツパーは、外観検査自動化AIサービス「メキキバイト」を提供しています。

クライアント企業の環境に最適な構成・AIアルゴリズムを提案し、撮像環境構築・AIモデル構築・運用をワンストップで提供しています。

また、初年度は月額29.8万円、2年目以降は9.8万円という低価格を実現していること、エッジAIであるため処理速度が早く、汎用小型コンピューターで駆動することを特徴としています。

今後、ロボットアームなどを組み合わせた不良品除去の自動化、製造プロセス全体の最適化に向けたトータルソリューションの開発を推進していきます。

今回の資金は、セールス・エンジニア・コーポレートすべての部門での人材採用の強化、プロダクト開発の推進に充当します。

製造業における目視検査とは、製造した製品・部品の品質を人の目でチェックする検査のことです。不良品を検出することを目的に実施されています。

近年は画像検査システムによる検査の自動化が進んでいますが、システムでの検知が難しい色ムラやキズの度合いなどについては目視検査が用いられています。

一方で、目視検査は人間の目で行うものであるため、検査員の能力や体調によって検査の品質が左右されてしまうことや、人手不足により検査員の確保が難しくなっていることなどが課題となっています。

そのため近年は、既存の画像検査システムよりも高精度な検知が可能となる、AIを活用した外観検査サービスの注目が高まっています。

AI外観検査サービスは、上記の人の目による目視検査の課題を解決するだけでなく、人間には難しいスピードでの検査も可能となるため、生産性の向上が期待できます。

株式会社フツパーのコメント

このニュースを受けまして、株式会社フツパー 代表取締役 CEO 大西洋氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

主な目的は事業拡大のための人材採用の強化です。関東支社も設立し、外観検査のソリューションを全国展開していくとともに、新規のプロダクト開発も行い、より多くのお客様に製造現場の課題を解決するサービスを提供していきたいと考えています。

・今後の展望を教えてください。

現在は検品・検査工程という一部工程の自動化に注力していますが、そこから検品後の除去機構の追加や不良の原因特定データ解析等にも取り組んでいき、工場全体の最適化を担うことができるソリューションを開発していきます。また、全国だけでなく、日本品質の検査基準を海外に持っていき、全世界でサービス提供をしていきたいと考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

起業を目指している人、スタートアップに関わっている人は、全員仲間だと思っています。ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

AIは多くのビジネスで導入が進んでいます。この世界的な流れは止まることはなく、もはやビジネスはAIなどのテクノロジーを前提としたものへと移り変わろうとしています。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI エッジAI フツパー メキキバイト 外観検査 官能検査 株式会社 検査 目視検査 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

電話自動応答サービス提供の「IVRy」が3億円調達
2021年12月22日、株式会社IVRyは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 電話自動応答SaaS「IVRy(アイブリー)」を提供しています。 自由な分岐設定、自動応答、SMS返信…
クラウドファンディング構築SaaS「ENjiNE」が経済産業省「IT導入補助金2021」の対象ツールに採択
2021年9月9日、株式会社Relicは、提供する「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」が、「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(通称:IT導入補助…
電気運搬船を開発する「パワーエックス」が41.5億円調達
2022年5月23日、株式会社パワーエックスは、総額41億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気運搬船「Power Ark」の開発や、大型蓄電池の製造・販売を展開しています。 「…
「スイッチスマイル」と「オプテックス」が業務提携 エントランス・メディア「OMNICITY」をサブスクで提供開始
2021年4月26日、株式会社スイッチスマイルは、オプテックス株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 この提携により、エントランス・メディア「OMNICITY」のサブスクリプション・モデ…
半径500m圏内のユーザーに宣伝ができるスマホアプリ「テイクGO」がリリース
2021年11月18日、株式会社ゼムスは、「テイクGO」をリリースすることを発表しました。 「テイクGO」は、サービス登録をしている飲食店の半径500m圏内に一般消費者が近づいた場合、スマートフォンの…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ