注目のスタートアップ

アートコミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」運営の「The Chain Museum」が資金調達 「TBSホールディングス」と資本・業務提携

company

2022年7月20日、株式会社The Chain Museumは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先はTBSイノベーション・パートナーズ2号投資事業組合です。また、資金調達にあわせ、TBSホールディングスと業務提携契約を締結したことも発表しています。

The Chain Museumは、アートコミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」と、ホテル・オフィス・公共施設などに小さなミュージアムを生み出すプロジェクトやオリジナルのアートプロジェクトを行うMuseum事業を展開しています。

「ArtSticker」は、国内外のさまざまなジャンルの作品と出会えるサービスです。

アーティストに直接金銭的な支援ができる「スティッカー」機能や、直接感想を伝えられる機能、イベント・展示会のチケット販売機能、作品の購入機能、音声ガイド機能などを提供しています。

Museum事業では、事業の一環としてホテル・商業施設においてアートを活用した企画・プロモーション・ブランディングといった空間プロデュースを行っています。

2022年2月からは、株式会社DAISHIZENと株式会社パーティーと共同で株式会社KADOWSANを設立し、“可動産”で空間をキュレーションする事業を展開し、オフィス空間でもアートを活用できるレンタルという選択肢を提供しています。

今回の資金は、既存事業のさらなる拡大、本格的な海外展開のための体制強化に充当します。

2021年の日本のアート産業市場は2,781億円と推計されています。また、アート作品が直接関わる美術品市場は2,186億円となっています(※1)。世界のアート市場は7兆円~8兆円の規模であるため、国内アート市場はまだまだ小さいものであるといわれています。

近年アートビジネス領域では、アート×テクノロジーであるアートテックが注目を集めています。

アートテックとはアート業界におけるテクノロジーの活用のことを指し、たとえば作品のオンライン化、作品を共有するためのプラットフォームの構築などがアートテックにあたります。

また、ブロックチェーン技術を活用したNFTにより、デジタルデータの改竄・複製を防ぎ、デジタルなアート作品にも物理的なモノとしての価値を持たせられるようになりました。これによりデジタルアート市場は急激に拡大しています。

ほかにも国内市場は多くの領域で、十分に商品・サービスが行き渡っており、新規開拓の余地が乏しい飽和状態にあります。こうした状況の中でも、アートは人びとに真新しさを感じさせられるものであり、アートを活用した事業を展開する企業も増えてきています。

社会課題の解決においてもアートやクリエイティブは大きな役割を果たすと考えられており、今後の市場拡大が予測されています。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

(※1)出所)「日本のアート産業に関する市場調査2021」エートーキョー(株)、(一社)芸術と創造​

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ArtSticker TBSホールディングス アート アートスティッカー コミュニケーション プラットフォーム ブランディング プロデュース プロモーション 企画 株式会社 業務提携 現代アート 空間プロデュース 美術 芸術 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

一滴の尿からがんを早期発見する検査技術など開発の「Icaria」が資金調達 「Craif株式会社」に社名を変更
2020年6月17日、Icaria株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、Craif株式会社に社名変更したこともあわせて発表しました。 尿中に含まれているmicroRNAを高効率に分…
廃棄素材を使用したクラフトジンを生産する「エシカル・スピリッツ」がコーヒー事業に参入 コーヒー豆の出涸らしを原料としたクラフトジンなど提供へ
2021年11月10日、エシカル・スピリッツ株式会社は、新たにコーヒー事業に参入することを発表しました。 エシカル・スピリッツは、廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っていま…
マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team」運営の「noco」が1.3億円調達
2022年2月21日、noco株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team(トースターチーム)」を運営しています…
チャットボットを活用したチャット・コマースや「接客DX」展開の「Zeals」が18億円調達
2021年4月1日、株式会社Zealsは、総額18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 チャットボットをマーケティングに活用するチャット・コマース「Zeals(ジールス)」と、接客システムをチ…
無料の事業計画作成サービス「ProfinanSS」がリリース
2019年12月18日、株式会社プロフィナンスは、「ProfinanSS(プロフィナンス)」をリリースしたことを発表しました。 「ProfinanSS」は、事業計画を無料で簡単に作成できるWebサービ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ