注目のスタートアップ

EV充電インフラ「Terra Charge」を提供する「Terra Motors」が「アズーム」と業務提携 マンション空き駐車場の課題解決へ

company

2022年7月15日、Terra Motors株式会社は、株式会社アズームと、業務提携契約を締結したことを発表しました。

Terra Motorsは、電気自動車向けの充電サービス「Terra Charge」を提供しています。

EVの充電設備だけでなく、充電時間の設定や決済を行うための専用アプリや、管理クラウド、マンション管理組合などへの説明、設置工事、ハード・ソフトの管理運営を一貫して担うことで、集合住宅の共用部へのEV充電設備の導入を支援しています。

アズームは、日本最大級の月極駐車場の検索サイト「CarParking(カーパーキング)」を運営しています。

今回の提携により、相互に顧客紹介をすることで、両社のサービス提供価値の向上につなげます。

また、今後、マンション向けのEV充電インフラサービスを中心に拡充していき、EVユーザーやマンション居住者への付加価値の提供や、不動産を起点としたEV充電インフラの構築、駐車場の課題解決などを図っていきます。

EU(欧州連合)は、2035年以降、ハイブリッド車を含むガソリン車の新車販売を事実上禁止にする方針を明らかにしています。販売できるのは電気自動車(EV)もしくは燃料電池車(FCV)のみとなります。

EUの方針はさまざまな議論を生んでいますが、世界的にガソリン車からEV車への転換が進んでいくだろうと予測されています。

国内では政府により「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」が示され、乗用車は2035年までに新車販売で電動車100%に、商用車は小型車両は新車販売で2030年までに電動車を20%~30%、2040年までに電動車・脱炭素燃料車を100%にすることを目指しています。

一方で、2020年の新車販売台数の割合では、EVが約0.6%、PHVが約0.6%で、あわせて約1.2%となっています。いまだガソリン車が50%以上を占めており、電気自動車はまだまだ普及していない状況にあります。

電気自動車が普及しない大きな要因として、充電インフラが整っていないことが挙げられます。

EV車は急速充電であっても充電に15分~60分程度の時間がかかってしまいます。ガソリンと比べて補給に時間がかかってしまうため、旅行など長距離の移動では不便が生じてしまいます。また、地方には充電スタンドが少なく、旅行の際には充電スタンドを探し、補給の計画を立てる必要もあります。

また、一軒家であれば自宅のガレージに充電用のコンセントを設置することは簡単なのですが、充電設備がないマンションの駐車場に充電設備を設置するには、マンションの管理組合などとの交渉が必要となります。さらに、マンションでは設備と工事費用で50万円~150万円の費用がかかるため、交渉が失敗しマンションでの充電を諦めているEVユーザーも多く存在しています。

ほかにもマンションの共用部の電気代は住民みんなで負担していますが、EVの充電を行わない住人が存在する場合、これを負担するのかしないのかといった問題もあります。

また、充電した分を負担といっても、充電で使った電気量が可視化されていないため、どれだけ負担していいのかもわからないという問題があります。

「Terra Charge」は、こういった集合住宅へのEV設備の導入にあたって、管理組合との交渉、補助金の申請、充電を可視化するアプリの提供などを行うことで、EV設備の導入を推進しています。

また、駐車場に充電設備があることでEVユーザーに対して付加価値を提供できるため、近年は駐車場に充電設備を設置する駐車場オーナー・管理会社も増加しています。

他社との提携や協業は、ビジネスの拡大や新たなイノベーションを起こすために重要なもののひとつです。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CarParking EV Terra Charge Terra Motors アズーム インフラ カーパーキング テラモーターズ マンション 充電 月極駐車場 株式会社 業務提携 電気自動車 駐車場
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

マンガに特化したAI翻訳技術を開発・提供する「Mantra」が1.5億円調達
2022年7月28日、Mantra株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Mantraは、マンガに特化したAI翻訳技術や、マンガを教材として活用した英文多読サービ…
宅配クリーニング・サービス「リネット」など運営の「ホワイトプラス」が15億円調達
2020年3月27日、株式会社ホワイトプラスは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ネット宅配クリーニング「リネット」や、クリーニング付きの衣類保管サービス「リネット PREMIU…
イベントマーケティングプラットフォームを運営する「EventHub」が6.5億円調達
2022年11月1日、株式会社EventHubは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 EventHubは、イベントマーケティングプラットフォーム「EventHub」を運営し…
セレス子会社の「ラボル」が「オリエントコーポレーション」と業務提携 フリーランス向けカード決済サービス「labol(ラボル)カード払い」を提供開始
2022年12月8日、株式会社セレスは、子会社である株式会社ラボルが、株式会社オリエントコーポレーションと業務提携し、「labol(ラボル)カード払い」の提供を開始したことを発表しました。 「ラボルカ…
涙液によるがん検出法の社会実装を目指す「TearExo」が5,000万円調達
2023年8月4日、株式会社TearExoは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 TearExoは、神戸大学発の技術であるTearExo法によるがん検出法の社会実装を目指し研究…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】