注目のスタートアップ

細胞ファイバー技術を利用した細胞量産技術を開発する「セルファイバ」が4億円調達

company

2022年5月12日、株式会社セルファイバは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

セルファイバは、細胞ファイバー技術を利用した細胞量産技術の開発を行う、東京大学発スタートアップです。

細胞ファイバー技術とは、髪の毛ほどの細さの中空ハイドロゲルチューブ内に細胞を封入して培養するという技術です。

培養皿での平面培養などの従来の培養法に比べ、細胞を長期間維持できること、品質の良い細胞を高い密度で培養できることを特徴としています。

すでに細胞医薬品における実生産スケールの基盤製造技術は確立しており、英国のThe Technology Partnership社と協力し、細胞製造用装置の開発を開始しています。

今回の資金は、開発加速のための人材確保、医療用・研究用の装置開発・改良、技術優位性を高めるための知財戦略の立案実行などに充当する予定です。

万能細胞とも呼ばれるES細胞やiPS細胞は、再生医療や創薬の実現のため、大きな期待が寄せられています。

再生医療とは、どのような細胞にも分化することができるES細胞やiPS細胞を培養して臓器をつくり、それを移植したりする医療のことを指します。

また、細胞を活用したがん治療として、免疫細胞治療も大きく注目されており、細胞を活用した医療は次世代の医療として開発が推進されています。

細胞医療が大きく注目されている一方で、細胞の培養にまつわる膨大なプロセスについては手作業で行われていることが少なくありません。そのため、低コストで大量かつ高品質に細胞を培養できる手法の確立が求められているのです。

セルファイバは、従来の培養法に比べて、大規模かつ高品質な培養法を実現しています。効率の良い培養法が普及すれば細胞医療の研究・臨床も進むため、今回の資金調達で社会実装に向けた開発を加速させていくようです。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ セルファイバ 培養 技術 株式会社 細胞 細胞ファイバー技術 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

“難消化性でんぷん(レジスタント・スターチ)”開発の「スマートスターチ」が資金調達
2019年7月19日、スマートスターチ株式会社は、事業を開始したこと発表しました。 また、事業開始にともなう運転資金の確保を目的とした資金調達を実施したことを発表しました。 スマートスターチは、食べた…
不動産取引プラットフォーム「カナリー」運営の「BluAge」が12億円調達
2021年9月29日、株式会社BluAgeは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産仲介業者の業務をデジタル化する業務効率化ソリューション/お部屋探しアプリ「カナリー(CANA…
「創業手帳」によるPR動画作成セミナー「動画の作り方体験講座」が1/14に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「動画の作り方体験講座」を2021年1月14日(木)に開催することを発表しました。 「動画の作り方体験講座」は、簡単なPR動画を作成する方法を解説するオンライン・セミナーです。 スマ…
中食プラットフォーム「TakeEats」提供の「ランプ」が1億円調達
2021年2月1日、株式会社ランプは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店向けテイクアウトの予約・決済サービス「TakeEats(テイクイーツ)」を運営しています。 初期費用・…
定款の認証の手数料が改定 一律5万円が資本金額により3~5万円に
日本公証人連合会は、「会社の定款手数料の改定」について発表しました。 これまで株式会社・特定目的会社の定款の認証の手数料は、一律5万円でした。 今回の改定により、2022年1月1日から以下の手数料にな…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ