注目のスタートアップ

バトルロイヤルTPSゲーム『Fortnite』に特化したメタバース制作を手がける「NEIGHBOR」が資金調達

company

2023年5月17日、株式会社NEIGHBORは、資金調達を実施したことを発表しました。

NEIGHBORは、バトルロイヤルTPSゲーム『Fortnite(フォートナイト)』のクリエイティブ機能を利用し、都市のメタバース化やオリジナルゲームの開発を手がけています。

世界トップレベルのクリエイターと提携し、大規模開発に対応できるスタジオを構築しています。

2022年にローンチしたメタバース「AI ロケスタくん」はグローバルで来場者数100万人を突破しているほか、2023年2月にNetflixのオリジナルアニメアニメ伊藤潤二『マニアック』のPRとして制作したメタバースお化け屋敷は120万人を記録しています。

今回の資金は、『Fortnite』上におけるメタバース都市の開発に充当します。


メタバース(Metaverse)は、一般的にはインターネット上に構築された仮想空間を指します。通常のバーチャル空間よりも広大で自由度が高いのが特徴です。

メタバースは、すでにビジネスの領域でも活用されており、大規模な商談会やライブエンターテイメントなどの例があります。

また、エンターテイメント分野では、すでに多くのメタバースが誕生しており、そこから派生してアバター(3Dモデルで表現される自分自身の分身)の売買やカスタマイズなど、メタバース固有の文化や経済圏も形成されています。

『Fortnite』は、Epic Games社が開発・運営する人気のオンラインバトルロイヤルTPSゲームです。

TPSゲームとしてだけでなく、ゲーム内で音楽ライブなどのイベントを開催するなど、仮想空間の活用やメタバースとしての拡張を目指しています。

元々人気のあるゲームであり、ユーザー総数は3.5億人以上で、月間アクティブユーザー数はピーク時には6,200万人という世界でも有数の仮想空間であり、メタバースとしてのポテンシャルが評価されています。

『Fortnite』では、ユーザーが独自のコースや建物を作ることができるクリエイティブモードが実装されており、ユーザーが作成したさまざまなクリエイティブマップが公開されています。

NEIGHBORは、このクリエイティブモードを利用して、メタバース空間として遊べるプロモーションコンテンツの制作などを行っています。

株式会社NEIGHBORのコメント

このニュースを受けまして、株式会社NEIGHBOR 代表取締役 川本龍(ノトフ)氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

ひとつは優秀な起業家の先輩たちを巻き込むことです。彼らの持つ経験、コネクションやネームバリューをNEIGHBORの力にしたい想いは強いです。

もう一つはNEIGHBORとしての方向性も少し見えてきたので、プロダクト開発に資金を使いたいと思ってます。

・今後の展望を教えてください。

NEIGHBORの都市をFortniteに建設して、世界一遊べるメタバース都市にしていきます。世界中の人がNEIGHBORの街で遊んで、人と出会って、思い出を作っていくことを目標としています。

・読者へのメッセージをお願いします。

日本はコンテンツ制作能力はまだまだ非常に長けていると思ってますが、資金力の差でコンテンツも負け始める未来が到来しています。メタバースという新しいメディアに乗ることで日本のコンテンツが世界に広がる可能性は秘めています。NEIGHBORが日本初のコンテンツを作って広げていきます。応援してください!

ビジネスを成長させるには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3D Fortnite NEIGHBOR エンターテインメント クリエイティブ ゲーム スタジオ フォートナイト メタバース 仮想空間 制作 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

自動動画編集AIを開発する「レイワセダ」が法人化
2022年6月13日、レイワセダ株式会社は、2022年6月10日に法人化したことを発表しました。 レイワセダは、2019年に立ち上げたグループ「レイワセダ」が前身で、動画編集を自動化するソフトウェアを…
レアメタルリサイクルベンチャーの「エマルションフローテクノロジーズ」が4.5億円調達
2022年9月13日、株式会社エマルションフローテクノロジーズは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エマルションフローテクノロジーズは、原子力機構が開発した溶媒抽出技術“…
精密積層造形メーカーの「BMF」が2,400万ドル調達
2023年8月18日、BMF Japan株式会社は、米・Boston Micro Fabrication(BMF)が、2,400万ドル(約35億円)の資金調達を行ったことを発表しました。 BMFは、2…
Web3領域でセキュリティプロダクトを展開する「KEKKAI」が2.3億円調達
2024年1月23日、株式会社KEKKAIは、総額約2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、新製品のWeb3セキュリティ標準搭載ブラウザアプリ「KEKKAI Mobile」を…
建設業界向け立替・決済サービス提供の「ランドデータバンク」がNEDO公募事業に採択決定
2020年12月1日、株式会社ランドデータバンクは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AIシス…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】