「エバーブルーテクノロジーズ」が小型ヨット「Hansa」を自動化した帆船型ドローン「AST-231」をリリース

tips

2022年6月21日、エバーブルーテクノロジーズ株式会社は、一般社団法人ハンザ・セイリング・ジャパンと業務提携し、「AST-231」を開発、市場導入することを発表しました。

エバーブルーテクノロジーズは、帆船型ドローンの製造販売、帆船型ドローンを利用したサービス、ソリューション提供、自動帆走技術の提供などを展開しています。

ハンザ・セイリング・ジャパンは、オーストラリア発の小型ヨット「Hansa」を提供しています。

「Hansa」は、誰でも乗れるというコンセプトで作られており、転覆しにくい安全な設計になっています。

「AST-231」は、この「Hansa」と、エバーブルーテクノロジーズが提供する自動操船化ユニット「eb-NAVIGATOR2.0」「eb-CONNECT」を組み合わせた、自動航行船(帆船型ドローン)です。

風力で推進するため10時間という長時間の稼働を実現しています。スマホアプリ「eb-CONNECT」の自動操船機能を使って目的地を設定することで誰でも簡単に操船できます。

水上・水中の調査や、物資運搬・輸送、水上パトロールなどの用途での活用を想定しています。

ドローンとは、無線による遠隔操作や自動で動くことができる機体のことです。

空を飛ぶ機体のことを想像する人も多いかもしれませんが、地上や海上を走行する遠隔・無人の機体のこともドローンと呼びます。

ドローンは人間では危険な場所の点検や作業を安全に行うことができることから、インフラ点検や災害現場などさまざまな領域で活用されています。

日本は四方を海に囲まれている島国ですが、近年は水産業に従事する者の減少、内航船の船員不足、離島を結ぶ定期船の減便など、海にまつわる産業は大きな課題を抱えています。

海上のドローンはこうした海での課題を解決するために活用できると考えられます。

エバーブルーテクノロジーズは、扱いやすい小型ヨットをベースとした帆船型ドローンの提供により、海の課題解決を支援しています。

帆船は風を動力とするため、システムを動かす分の電力しか必要とせず、その分長い距離を航行できます。

また、自動化技術によって船の操舵に関する技術を持っていない人でも船の航行が可能となるため、幅広い活用が見込めます。

さまざまな社会課題が喫緊の問題として迫ってきていますが、AIなどの最新技術の台頭や、スマートフォンなどの普及により、アイデア次第で社会課題を解決できる状況となっています。「冊子版創業手帳」では、社会課題をビジネスで解決することを目指している起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考や手法を知ることは、新たなビジネスの創造に役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AST-231 eb-CONNECT eb-NAVIGATOR2.0 Hansa エバーブルーテクノロジーズ ドローン ハンザ・セイリング・ジャパン ヨット 一般社団法人 小型 帆船 帆船型ドローン 株式会社 海事産業 自動航行船 船舶
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産仲介会社向け営業支援システム「プロポクラウド」提供の「Housmart」が「フォーメンバーズ」と業務提携
2022年5月24日、株式会社Housmartは、株式会社フォーメンバーズと、業務提携を行うことを発表しました。 Housmartは、不動産仲介会社向け営業支援SaaS「プロポクラウド」を提供していま…
OOH広告のDXを推進するプラットフォーム提供の「PalledAd」が総額2,000万円調達
2020年10月1日、株式会社PalledAdは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 OOH広告(屋外広告・交通広告)のDX推進を進めるプラットフォーム「AdVice」「AdR…
福祉とアートを軸とした新規サービスの企画立案・開発などの「ヘラルボニー」が資金調達
2020年8月5日、株式会社ヘラルボニーは、資金調達を実施したことを発表しました。 知的障害のあるアーティストが描いたアート作品を扱うアート・ライセンス事業や、CSR・CSV・SDGsを軸とした企画の…
人材紹介ビジネスに特化したクラウド求人データベース「agent bank」が転職サービス「doda」と業務提携
2022年6月15日、株式会社ROXXは、自社で開発・運営する「agent bank」と、パーソルキャリア株式会社が運営する「doda」と業務提携し、人材紹介会社向け求人データベース「agent ba…
データ生成現場にてAI処理し活用するエッジAI事業の「EDGEMATRIX」が9億円調達
2019年8月29日、EDGEMATRIX株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また引受先である、株式会社NTTドコモ、清水建設株式会社、日本郵政キャピタル株式会社とは、協業…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ