注目のスタートアップ

「シンプレクス・ホールディングス」がAI医療機器を開発する「SIMPLEX QUANTUM」に出資

company

2022年6月13日、シンプレクス・ホールディングス株式会社は、SIMPLEX QUANTUM株式会社に対し、3億円のマイノリティ出資を実施したことを発表しました。

SIMPLEX QUANTUMは、握るだけで心拍を計測できるデバイス「心電くん」や、自律神経バランスを計測する「SQ-bar」サービス、ヘルスケア領域においてAIを活用したソリューションの研究開発を展開しています。

「心電くん」は、2020年4月に医療機器として認証されており、もし病変が会った場合には、心電図をかかりつけ医に共有し診療に活用してもらえます。

シンプレクス・ホールディングスは、金融業界においてクラウドを活用した堅牢なインフラの構築や、セキュリティに関するノウハウを活用したシステム開発などを行っています。

今後SIMPLEX QUANTUMは、シンプレクス・ホールディングス(とその子会社)と協力し、キュリティや安定性が求められる医療機関にソリューションを提供していきます。

また、医療機関でのAI機器導入に関わるシステムインテグレーションや、インフラも含めたトータルソリューションの設計・開発・運用などでシンプレクスグループと連携していく予定です。

心臓は一定のリズムで脈打っています。しかし何らかの原因でそのリズムが乱れた状態を不整脈といいます。

不整脈は身体の何らかの不調の可能性があるため、頻繁に不整脈になる場合は病院で診察してもらい、原因を突き止めてもらうことが重要です。

不整脈を調べる方法としては心電図検査がありますが、心電図検査では不整脈が発生しているその瞬間を捉えなくては診断できません。

つまり、もし動悸などを感じて病院に行ったとしても、病院で不整脈が起こらなくては診断できないのです。

そのため、次の手段としてホルター心電計を24時間身に着けることで不整脈を捉えます。

ホルター心電計自体は小さなデバイスですが、身体に数か所のパッチを貼ってコードとホルター心電計をつなげる必要があります。生活においてそれほど不便はありませんが、やはり長期間装着していると圧迫感などがあり気持ちいいものとはいえません。そのため、さらに手軽な心電計測の方法が求められていました。

SIMPLEX QUANTUMの「心電くん」は、整髪料のスプレー缶程度の大きさのデバイスで、握るだけで心電計測できることを特徴としています。これにより、動悸などの症状を自覚した時にすぐに計測できます。

最先端の技術は、医療における課題を解決する可能性があるなど、様々な領域で必要とされています。技術開発には多くの資金が必要となるため、資金調達に関するノウハウを知っておくとよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI SIMPLEX QUANTUM SQ-bar システム開発 シンプレクス・ホールディングス セキュリティ ソリューション デバイス ヘルスケア 共有 医療 医療機器 医療機関 心電くん 心電図 株式会社 機器 研究開発 自律神経 計測 診療
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中古仲介・リノベーションサービス「リノベ不動産」運営の「WAKUWAKU」が7億円調達
2021年12月8日、株式会社WAKUWAKUは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古不動産仲介とリノベーションのワンストップサービス「リノベ不動産」を運営しています。 不動産仲介…
クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」がリリース
平成30年4月29日、株式会社メドレーは、「CLINICSカルテ」の提供を開始したことを発表しました。 「CLINICSカルテ」は、オンライン診療も可能なクラウド型電子カルテです。 予約から、診療、会…
AmazonPODを活用したオンデマンド出版など展開の「galaxy」が資金調達
2020年1月30日、galaxy株式会社は、株式会社メディアドゥホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 AmazonPODを活用し、オンデマンドで書籍を出版する「galax…
ソーシャルカレンダーアプリ「Skele」運営の「pow」が5,100万円調達
2021年7月27日、株式会社powは、総額5,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」の正式版(iOS)を公開したこともあわせて発…
「CAMPFIRE」が「note」と連携しnote記事内にプロジェクト概要を表示する機能を提供開始
2020年6月10日、株式会社CAMPFIREは、note株式会社運営の「note」と連携し、「プロジェクト紹介カード」を提供開始したことを発表しました。 noteが運営するメディア・プラットフォーム…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ