注目のスタートアップ

セールスイネーブルメントクラウド提供の「ナレッジワーク」が2億円調達

company

2022年6月17日、株式会社ナレッジワークは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

2022年4月20日には、10億円の資金調達を発表しています。

ナレッジワークは、セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」を提供しています。

セールスイネーブルメントに必要となるナレッジ領域・ラーニング領域・ワーク領域などをひとつのツールで実現するクラウドサービスです。

具体的には、営業資料・動画や、過去の提案書、営業ノウハウを素早く発見できるドキュメント・データベース管理機能、資料・動画を教材とした学習プログラムの作成機能、営業資料・動画、営業ノウハウの利用状況や学習コースの受講状況を把握・分析できる機能などを提供しています。

また、セールスイネーブルメントやナレッジ共有に関する知見を持つコンサルタントが個別に伴走支援することも特徴としています。

今回の資金調達を通じ、SalesTechを展開する事業会社との連携を推進します。

具体的には、CRM企業であるSalesforce、BtoBビジネス向け顧客戦略プラットフォーム「FORCAS」を展開するユーザベース、営業DXサービス「Sansan」を展開するSansanとの事業連携を通じ、国内におけるセールスイネーブルメントの普及と顧客への提供価値の向上に取り組みます。

従来の営業活動では、営業担当者のスキルや体力が重要でした。しかしそのノウハウが属人化してしまい、営業が組織として成長していけないことが課題となっていました。

セールスイネーブルメントは、この属人化しがちな営業プロセスを可視化し、強化・改善に取り組んだり、その取り組みの効果などを数値化することで、営業活動・組織を強化・改善していく総合的な取り組みのことです。

アメリカで提唱された手法ですが、営業に課題を抱える日本の企業においても注目されるようになってきています。

というのもセールスイネーブルメントは数値分析により営業活動の最適化・効率化を目指すものであるため、どのような営業組織でもある程度の効果を出せることがわかってきたからです。

アメリカではすでに導入率が7割を超えており、セールスイネーブルメントは営業力強化のためのグローバルスタンダードとなると考えられています。

日本においても導入が拡大していくことが予測されているため、競争力を高めたい企業は導入の検討も必要かもしれません。

営業は、企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は、満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SalesTech カイゼン セールスイネーブルメント セールステック ナレッジワーク 営業 改善 株式会社 組織 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

新型コロナウイルス対策として遠隔会議の音声翻訳ツール「オンヤク」リリースへ
2020年2月27日、株式会社ロゼッタは、「オンヤク」のサービス提供を2020年3月から開始することを発表しました。 「オンヤク」は、Web上の遠隔会議中において、異なる言語間の会話音声を認識し、発話…
エッジAIのアルゴリズムを提供する「エイシング」が3億円調達
2019年11月20日、株式会社エイシングは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エッジAIにおいて、導入機器側でのリアルタイムな自律学習・予測を可能にするAIアルゴリズム「ディープ…
デジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム運営の「テックタッチ」が1.2億円調達
2019年9月18日、テックタッチ株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 大企業向けデジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム「テックタッチ」を開発・提供…
ブロックチェーン分野のコンサルティング・サービス提供の「HashPort」が3.5億円調達
2021年3月2日、株式会社HashPortは、総額約3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 暗号資産の発行体・暗号資産交換業者向けに、暗号資産の新規取扱いに関するコンサルティング…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年12月21日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」を開発・販売しています。 活物質に樹脂被覆を行い、樹脂集電体に塗布をすることで…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ