注目のスタートアップ

等身大のスクリーンにより2つの空間をつなぐコミュニケーションツールを展開する「tonari」が4.5億円調達

company

2022年6月8日、tonari株式会社は、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

tonariは、等身大のスクリーンを介して2つの空間をつなぐ、新しいコンセプトのコミュニケーションツール「tonari(トナリ)」を開発・提供しています。

「tonari」は、ハードとソフトの両面で構成されたプロダクトです。

等身大のスクリーンの中央には小さな高解像度カメラが埋め込まれており、対面した人と自然に目線が合うようになっています。

またスクリーンの向こう側は単なる画面ではなく、奥行きがある空間であり、こちらの空間と地続きであるかのように設計することで、より自然なコミュニケーション体験を提供しています。

常時接続によってカジュアルで偶発的なコミュニケーションが発生するため、ビデオ会議の課題であったコミュニケーション不足を解消できます。

今回の資金は、開発・製造・販売体制の強化、人材採用による組織体制の拡大、シンガポールへの進出に充当します。

シンガポールは日本との時差が少なく、多くの日本企業も拠点を持っています。シンガポール-日本間のコミュニケーションに課題を持つ企業に向け、デモの体験機会を提供し、海外への認知拡大を図ります。

また、一般家庭、教育、介護、遠隔医療など、さまざまな分野での活用も視野に入れ、「tonari」の技術を誰もが利用しやすい形にしていく予定です。

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの企業でテレワークが急激に普及しました。

テレワークの普及をきっかけに、完全テレワークへの移行や、テレワークとオフィスワークを併用するハイブリッドワークの導入、オフィス分散など、新たな働き方を模索する動きが活性化しました。

離れた拠点で働く人とのコミュニケーションには、メール・電話・ビジネスチャット・ビデオ会議など、さまざまな方法があります。しかしどれにしても、対面でのコミュニケーションに劣ってしまうことが課題です。

またこれらのコミュニケーションをはじめるには、能動的に相手にコンタクトをとる必要があります。つまり偶発的なコミュニケーションが発生しないのです。

実は、アイデアの多くは偶然の産物(セレンディピティ)であることがわかっています。偶発的なコミュニケーションが生まれない環境では、いままでよりもアイデアが生まれづらいため、創造的な仕事を行うためには偶発的なコミュニケーションをデザインしなければなりません。

「tonari」は、上記のコミュニケーションの課題を解決することを目的としたコミュニケーションツールです。

分散する拠点をあたかもひとつの空間のようにつなぎ、自然なコミュニケーションを創出することで、生産性と幸福感を向上させることを目的としています。

オフィスにおけるコミュニケーションツールとしてだけでなく、たとえばジムのトレーニングや、教育現場における講義などでの活用も考えられます。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ tonari Web会議 オフィス コミュニケーション・ツール トナリ ビデオ会議 会話 動画 株式会社 空間 資金調達
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

家庭料理配達サービス「つくりおき.jp」運営の「Antway」が15億円調達
2021年8月10日、株式会社Antwayは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家庭料理配達サービス「つくりおき.jp」を運営しています。 料理は、都内の自社キッチンで、管理栄養…
3次元レーザースキャナーによる空間測量の「クモノスコーポレーション」が10億円調達
2021年7月5日、クモノスコーポレーション株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工事測量・外壁診断・建造物点検など、インフラ関連の事業を展開しています。 また、3次元(3…
廃棄素材を使用したクラフトジンの生産などの蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ」が1.4億円調達
2021年6月16日、エシカル・スピリッツ株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っています。 日本酒…
中高生向けプログラミング教育事業展開の「ライフイズテック」が15億円調達
2019年11月15日、ライフイズテック株式会社は、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 中高生向けのプログラミング教育事業を展開しています。 今回の資金は以下の取組みに充当されます…
「DigitalBlast」が宇宙先端ビジネスを学べるオンライン・サロン「SPACELINK」をローンチ
2020年12月4日、株式会社DigitalBlastは、「SPACELINK」をローンチしたことを発表しました。 「SPACELINK」は、月額980円から宇宙先端ビジネスを学べるオンライン・サロン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ