注目のスタートアップ

オリジナルパッケージ作成プラットフォーム運営の「shizai」が5億円調達

company

2022年6月8日、株式会社shizaiは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

shizaiは、オリジナルパッケージ作成プラットフォーム「shizai」を運営しています。

アパレル・サプリ・食品・化粧品などのオリジナルパッケージの制作から、倉庫選定、調達オペレーション支援まで一括で行うサービスです。

箱・袋・包装紙・紙管など、さまざまな材質・デザイン・形状に対応しています。

また、工場の得手・不得手を把握し、制作するパッケージに最適な工場を選定することで、平均20%のコストダウンを実現しています。

今回の資金は、採用加速、マーケティング強化、ソフトウェア開発の加速、サステナブル資材ネットワークの拡張などに充当します。

パッケージは、ブランディングにおいて重要な要素のひとつです。

近年は、自社で企画・製造した商品を直接ユーザーに届けるD2C(Direct to Consumer)モデルが大きく成長しています。

D2Cでは、自社のこだわりを強烈に反映させたプロダクトや、独自の世界観を打ち出すブランドが多いため、パッケージでもブランドを表現するデザインを行っています。

また、SDGs(持続可能な開発目標)の推進により、環境に配慮した素材を使用したパッケージの需要が高まっています。

さらにD2Cは素早いプロダクト開発を行っているため、パッケージについてもスピーディかつ柔軟な制作サービスが求められています。

shizukuは包装資材・加工容器市場に参入したのが2021年4月と若い企業なのですが、こういった市場の変化とニーズを上手く捉え、1年で300社以上の顧客を獲得しています。

株式会社shizaiのコメント

このニュースを受けまして、株式会社shizai 代表取締役 鈴木暢之氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

主に採用の加速、プロダクト開発投資への充当、マーケティング投資、の3軸です。

・今後の展望を教えてください。

弊社は現在EC/D2C企業様のご支援を中心に行なっておりますが、実店舗型のお客様やエンタープライズ企業様からのお引き合わせも増えております。

つきましては、マーケティング投資を進めながら市場を拡げていけたらと考えております。

また、サプライチェーン調達全般の運用管理を支援するソフトウェアプロダクトも並走して開発しておりまして、こちらの開発投資も加速していけたらと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

「xxx産業のDX化」と標榜するスタートアップが数多く存在する昨今、当社はそれに加えて事業を通じたサステナブル社会実現への実質的な一手を担える企業でありたいと考えています。

スタートアップとしての急成長(経済性)とサステナブル社会へのアプローチ(社会性)の二兎を追う組織として邁進してまいります。

ブランディングにおいては、ノベルティも有効だといわれています。「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ノベルティをつくることのメリットや効果、つくり方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C shizai オリジナル パッケージ プラットフォーム 作成 制作 加工容器 包装資材 工場 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

宅配クリーニング・サービス「リネット」など運営の「ホワイトプラス」が15億円調達
2020年3月27日、株式会社ホワイトプラスは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ネット宅配クリーニング「リネット」や、クリーニング付きの衣類保管サービス「リネット PREMIU…
再エネ・蓄電池のクラウド運用管理プラットフォーム「Tensorプラットフォーム」提供の「Tensor Energy」が7,000万円調達
2022年3月8日、Tensor Energy株式会社は、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 再エネ開発業者と再エネ発電事業者向けの、再エネ・蓄電池のクラウド運用管理プラットフ…
カスタマー・サクセス・チャット「チャネルトーク」提供の「ZOYI Corporation」2.5億円調達
2020年7月28日、株式会社ZOYI Corporationは、コロナ禍の3月17日に2億5,000万円の資金調達を実施し、累計資金調達額が11億8000万円になったことを発表しました。 また、社名…
乳房用画像診断装置開発の「Lily MedTech」が資金調達
アフラック・イノベーション・パートナーズ合同会社は、株式会社Lily MedTechに出資を行ったことを発表しました。 リング型の超音波を用いた革新的乳房用画像診断装置を開発する、東京大学発の医療機器…
都内で次世代型シェアリングIoT農園を展開する「プランティオ」が1.3億円調達
2022年3月22日、プランティオ株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベランダ、ビルの屋上、マンションの屋内などあらゆる場所での野菜栽培を可能にする次世代型アグ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ