注目のスタートアップ

バーチャルミュージックプロダクション「RIOT MUSIC」運営などの「Brave group」が13.7億円調達

company

2022年6月7日、株式会社Brave groupは、総額13億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、株式会社バーチャルエンターテイメントと、MateReal株式会社をM&Aにより経営統合したことを併せて発表しました。

Brave groupは、バーチャルミュージックプロダクション「RIOT MUSIC」の運営や、企業のメタバース領域への進出支援を行うメタバースマーケティング事業を展開しています。

「RIOT MUSIC」は、音楽系VTuber(バーチャルYouTuber)のプロデュースを行っています。2022年3月に行ったリアル・オンライン同時ライブ「Re:Volt 2022」ではユニーク視聴者数3.2万人を記録しています。

また、世界最大級のアニメコミュニティを運営する「MyAnimeList」との協業や、『ビルボード』のインドネシア版メディア「Billboard Indonesia」と事業提携など、グローバル展開のためのアライアンスを強化しています。

今回経営統合した両社はVTuber事業を展開しています。

バーチャルエンターテイメントはeスポーツ系VTuberグループ「ぶいすぽっ!」を、MateRealはバーチャルアイドルプロジェクト「Palette Project」を展開しています。

今回の経営統合に伴い、2022年中にバーチャルIP事業とメタバースマーケティング事業を分社化し、Brave groupを持株会社とするグループ経営体制に移行します。

スマートフォンの普及により、YouTubeなどの動画プラットフォームは大きな広がりをみせています。

若年層ではテレビの視聴時間よりもネット動画の視聴時間のほうが長いという統計も出ており、メディアの勢力図も変わってきています。

そんな中登場した新たなエンターテインメントコンテンツが、VTuber(バーチャルYouTuber)です。

VTuberの草分け的存在であるキズナアイは、3CGによるキャラクターアバターを主体に、YouTuber的なエンタメ動画の投稿をはじめました。

それからVTuberが増えていきました。当初はキズナアイのように編集した動画を投稿するスタイルだったのですが、視聴者とのコミュニケーションを重視したり、動画編集の負担をなくすため、生配信スタイルが主流となっていきました。

VTuberの生配信では、ゲーム実況、歌(カラオケなど)、雑談、企画などを行い、視聴者からの投げ銭や、ファンクラブ会費、グッズ販売などでマネタイズを行っています。

VTuberはすでにひとつのコンテンツ・文化として受け入れられていますが、5Gの社会実装に伴いVRが普及することで、さらに大きなコンテンツになると考えられています。

たとえばVRでは現実の音楽ライブでは考えられないような演出を行えますし、VRデバイスさえあれば自宅からライブに参加できるため、会場の問題などを考えずに多くの観客を動員できるでしょう。そのとき演者となるのはVTuberやアバターをまとったアーティストでしょう。

すでにVRを活用した音楽ライブは何度も開催されており、多くのノウハウが蓄積されていっている状況にあります。

Brave groupは、さらにVTuberコンテンツやVR事業が拡大していくことを見据え、バーチャルエンターテイメント・MateRealと経営統合し資源を共有することで、さらなる事業拡大を目指していくようです。

事業の拡大には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、創業期の資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Brave group IPコンテンツ M&A MateReal Palette Project RIOT MUSIC VR VTuber エンターテインメント バーチャルYoutuber バーチャルエンターテイメント パレプロ ぶいすぽっ! メタバース ライバー 株式会社 資金調達 配信者 音楽
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フリーランス不動産エージェントファーム「TERASS Agent」など提供の「TERASS」が2.2億円調達
2021年3月9日、株式会社TERASSは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランス不動産エージェントファーム「TERASS Agent(テラスエージェント)」と、…
ビッグデータ活用・分析の事前処理を自動化する「trocco」の提供元が1.3億円調達
2019年7月8日、株式会社primeNumberは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SaaS型のビッグデータ分析基盤向けデータ統合自動化サービス「trocco(トロ…
金融機関における債権管理・督促回収業務をワンストップで支援する「Lecto」が1億円超調達
2021年3月22日、Lecto株式会社は、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 金融事業の複雑なオペレーション設計や属人的になりがちな債権管理・督促回収業務を一貫して支えるプロダクト…
デジタル・マーケティング事業など展開の「インフィニティエージェント」が資本金を6,000万円に増資
2020年8月11日、株式会社インフィニティエージェントは、2020年8月7日付で資本金を6,000万円に増資したことを発表しました。 運用型広告をメインに、デジタル・マーケティングに関する総合的なコ…
ヒト型糖鎖の大量調製技術とバイオ医薬品を開発する「糖鎖工学研究所」が資金調達
2022年5月24日、株式会社糖鎖工学研究所は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、京都中央信用金庫と中信ベンチャーキャピタル株式会社が設立した「中信ベンチャー・投資ファンド6号投資事業…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ