注目のスタートアップ

「モブキャストホールディングス」が資金調達へ 子会社「モブキャストゲームス」の成長を加速

company

2022年6月3日、株式会社モブキャストホールディングスは、転換社債と新株予約権による資金調達を行うことを発表しました。

モブキャストホールディングスは、スマホ向けゲーム開発を展開する株式会社モブキャストゲームスや、料理コンテンツ事業を展開する株式会社ゆとりの空間などの子会社を抱え、IPコンテンツ・エンターテインメント領域などで事業を展開しています。

今回の資金調達は、モブキャストゲームスの成長をさらに加速させることを主な目的としています。

モブキャストゲームスは、『転生したらスライムだった件〜魔国連邦創世記(ロードオブテンペスト)〜』や『ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!』など、漫画・アニメIPのスマートフォン向けゲームのプロデュースを行っています。

今回の資金は、開発中の『炎炎ノ消防隊』など、潜在力が高いIPゲームの複数プロデュースや、株式会社カカオピッコマとの共同開発中のWebtoonなど、新規IPを創出するコンテンツへの投資などに充当します。

国内のスマホゲーム市場は1兆円の市場となっています。

近年はIPを活用したスマホゲームのヒットが目立ち、今後もIPを活用したタイトルが増加してくるのではないかと考えられています。

スマホゲームにおいて既存IPを活用するのはいくつかのメリットがあります。

そのメリットには、すでに広く知られているIPコンテンツであるためゲームにしたときに話題になりやすいこと、コンテンツのファンがそのままゲームをプレイしてくれる確率が高いこと、設定・シナリオ・美術などを一から考えなくていいことなどがあります。

一方で他社IPを使用するにはライセンス料を支払う必要があったり、ゲームの自由度が低くなるというデメリットもあります。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IP IPコンテンツ ゲーム コンテンツ ソーシャル・ゲーム モブキャストゲームス モブキャストホールディングス 子会社 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

BtoB企業の新たなコミュニケーション手法を提供する「9seconds」が3.2億円調達
2022年3月24日、9seconds株式会社は、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 9secondsは、見込み顧客とインサイドセールスをワンクリックでつなぐクラウドサービ…
電通グループの「マイデータ・インテリジェンス」が情報銀行「MEY」のスマホ・アプリをリリース
株式会社マイデータ・インテリジェンスは、「MEY」のスマートフォン・アプリ版の提供の開始を発表しました。 併せて、「情報銀行トライアル企画」を、一般モニター約12,000名、参加企業全10社で、201…
AIシステムのトータル開発を手掛ける「Archaic」とICTサービス・プロバイダーの「ファンリード」が業務提携
2020年10月13日、株式会社Archaicは、株式会社ファンリードと、2020年10月1日に業務提携したことを発表しました。 Archaicは、AIシステムのトータル開発や、様々な領域へのAI応用…
スニーカーのCtoCマーケットプレイス「スニーカーダンク」運営の「SODA」が資金調達
2021年12月2日、株式会社SODAは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、SoftBank Vision Fund 2です。 スニーカー&ハイブランドC2Cマーケットプレイス「スニー…
C向けセールアンドリースバックサービス「CASHARi」運営の「ガレージバンク」が1億円調達
2021年10月13日、ガレージバンク株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 C向けセールアンドリースバックサービス「CASHARi(カシャリ)」を開発・運営しています。 ファ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ