遊びの予約サイト「アソビュー!」などを運営する「アソビュー」が「静岡銀行」と資本業務提携

tips

2022年5月30日、アソビュー株式会社は、静岡銀行と、業務提携契約を締結したことを発表しました。

アソビューは、遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」、観光・レジャー・文化施設向けSaaS、DXソリューション事業を展開しています。

「アソビュー!」は、全国各地のアウトドアスポーツや、ものづくり体験、遊園地・水族館、日帰り温泉といったレジャーを7,000施設以上紹介する予約サイトです。

法人向けには、レジャー観光・文化施設のチケットの電子化を支援する「ウラカタチケット」、購買データ分析BIツール「ウラカタ分析」、予約管理システム「ウラカタ管理」を提供しています。

また、BtoBtoC向けサービス・ソリューションとして、自治体・観光協会・DMO向け観光商品販売管理システム「AREA GATE」や、旅行観光業B2B販売プラットフォーム「asoview!Agent」を提供しています。

今回の静岡銀行との提携により、静岡県を中心に地域の観光・体験事業者・地方自治体との連携を強化し、地域の活性化、観光・体験事業者に対する金融サービスの企画・運用などを検討しています。

新型コロナウイルス感染症の流行により、観光・レジャー業界は大きなダメージを受けました。

これまで観光・文化施設ではチケットは窓口での販売が多かったのですが、感染症対策のためにチケットの電子化が進み、またこれを契機としてデジタル化・DXが進んでいます。

また、観光・レジャー業界では、旅行会社やオンライン予約プラットフォームを通じたチケットの販売やツアーへの組み込みなども多く行われています。

こうしたプラットフォームを通じた予約では、チケットは郵送や引き換えできるメールの送付などで対応しています。しかしこのやり取りは非常に非効率であり、観光・レジャー事業者、旅行会社共に大きな負担となっています。

そこでチケットの電子化と合わせ、システムを構築するということが必要です。

アソビューはこういった側面から、観光・レジャー業界のデジタル化・DXに取り組んでいます。

アフターコロナでは、訪日観光客のリバウンド需要が予測されているため、観光・レジャー事業者は今のうちにDXを実現することが急務となっています。

デジタル時代において企業を成長させるためには、デジタル化やDXの推進が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DX SaaS アソビュー サイト プラットフォーム レジャー 予約 文化 施設 株式会社 業務提携 観光 資本業務提携 遊び 静岡銀行
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

事業開発に強みを持つコンサルティングファーム「コロニー」が「ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス」と資本業務提携
2022年6月10日、コロニー株式会社は、株式会社ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 コロニーは、外部人材を活用しながらクライアント企業の戦略…
即時買取サービスCASHなどの「バンク」が「DMM.com」からMBOにより独立
2018年11月7日、株式会社バンクは、マネジメント・バイアウト(MBO)を実施し、親会社である合同会社DMM.comが保有するバンク株式の全株式の買取りを実施したことを発表しました。 バンクは…
郵送のホルモン検査サービス「canvas」開発の「Vitalogue Health」が資金調達
2021年2月1日、株式会社Vitalogue Healthは、資金調達を実施したことを発表しました。 自宅でできる郵送のホルモン検査サービス「canvas(キャンバス)」を開発しています。 専用キッ…
個人向け銀行ローンDXプラットフォーム「クラウドローン」が「SMBCファイナンスサービス」と事前審査の連携を開始
2021年11月16日、クラウドローン株式会社は、SMBCファイナンスサービス株式会社と、事前審査の機能を備えた新バージョンの「クラウドローン」を開始することを発表しました。 クラウドローンの提供する…
譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」が3,910万円調達
2020年5月18日、株式会社Minoruは、総額3,910万円の資金調達を実施したことを発表しました。 株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」において実施した資金調達…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ