注目のスタートアップ

アジアへの越境ECを支援する「アジアンブリッジ」と「ラバブルマーケティンググループ」が資本業務提携

company

株式会社ラバブルマーケティンググループは、アジアンブリッジ株式会社と、資本業務提携したことを発表しました。

アジアンブリッジは、アジア向け越境EC支援事業として、FDA申請、貿易、フルフィルメントなどを一貫して行う越境ECワンストップサービスを提供しています。

また、越境ECのためのマーケティング支援や越境EC当該国でのオフライン販売支援を手がけています。

ラバブルマーケティンググループは、マーケティングの運用領域を主軸として事業を展開しています。

東南アジアへの海外展開と拡大するインバウンド市場への事業展開を成長戦略として掲げており、2023年3月に、DTK AD Co.,Ltd.(本社:タイ王国 バンコク)を連結子会社化し、タイを中心に東南アジア地域5か国でSNSマーケティング事業を展開しています。

今回の提携により、DTK ADとアジアンブリッジは、両社が持つSNSマーケティングやWeb制作のノウハウを融合させ、お互いの事業の発展を目指して協業していく予定です。

また、ラバブルマーケティンググループの子会社である株式会社コムニコは、アジアンブリッジとの協業により、東アジア地域を対象としたインバウンド支援パッケージを提供する予定です。


越境ECとは、ネット通販により海外の顧客に商品やサービスを提供する手法です。

経済産業省の「令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によれば、2021年において中国消費者が日本事業者からの購買額は2兆1,382億円(前年比9.7%増)、米国消費者が日本事業者からの購買額は1兆2,224億円(前年比25.7%増)と、着実な成長を示しており、この傾向は年々拡大しています。

国内市場は少子高齢化による縮小が見込まれる中、越境ECは海外市場の開拓を通じて企業の持続的な成長を促進する不可欠な要素とされています。

越境ECに進出する際には、現地市場に関する深い洞察力、法規制への適切な対応、現地言語での顧客サポート、Webマーケティングなどの専門知識が求められます。

こうした背景から、越境ECへの進出を検討する事業者を対象としたさまざまな支援サービスの需要が高まっているのです。

ECはコロナ禍において販路開拓や販路拡大のための重要なチャネルとなりました。一方でECにはEC独自の集客ノウハウが存在します。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

また、新たな事業に参入するには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DTK AD EC SNSマーケティング Web制作 アジア アジアンブリッジ インバウンド コムニコ タイ フルフィルメント マーケティング マーケティング支援 ラバブルマーケティンググループ ワンストップ 支援事業 東南アジア 株式会社 海外展開 貿易 資本業務提携 越境EC
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

独自の発酵技術で未利用資源を付加価値ある素材にアップサイクルする「ファーメンステーション」が2.3億円調達
2024年1月30日、株式会社ファーメンステーションは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ファーメンステーションは、独自の発酵技術と未利用バイオマス・微生物データベースを…
会員制捜索ヘリ・サービス「ココヘリ」運営の「AUTHENTIC JAPAN」が2.2億円調達
2021年3月5日、AUTHENTIC JAPAN株式会社は、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 会員制捜索ヘリ・サービス「ココヘリ」を運営しています。 災害や遭難などでの…
電動トゥクトゥクを活用したモビリティサービスを展開する「eMoBi」が4,000万円調達
2023年2月14日、株式会社eMoBiは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 eMoBiは、電動トゥクトゥクを活用したモビリティサービスを展開しています。 2021年に、公共…
ストレス可視化サービス「マインドスケール」を提供する「Yume Cloud Japan」が5,000万円調達
2022年12月27日、株式会社Yume Cloud Japanは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Yume Cloud Japanは、ストレス可視化サービス「マインドス…
オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」など提供の「ベーシック」が11億円調達
2021年12月2日、株式会社ベーシックは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」や、フォーム作成管理ツール「for…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】