注目のスタートアップ

ファンマーケティング支援の「BOKURA」が5,000万円調達

company

2022年6月1日、株式会社BOKURAは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

BOKURAは、ファンマーケティング支援事業や、SNS運用代行、スポーツチームのファンマーケティングを支援するスポーツマーケティング事業を展開しています。

企業が持つ顧客・売上データと、SNSでのコミュニケーション情報を組み合わせたファン管理CRMツールを開発しています。このツールは、2022年夏にSaaSとしてリリースする予定です。

今回の資金は、ファン管理CRMツールの開発の加速、人材採用、組織拡大に充当します。

ファンマーケティングとは、企業・ブランド・プロダクト・サービスのファンとの関係性を深め、中長期的な売上の拡大を測るマーケティング手法です。

どうしてファンマーケティングが注目されているのかというと、市場はすでに良いプロダクトで溢れかえっており、機能性で勝負することができず、かといってプロモーションを行ったとしても、すぐに情報の海に埋もれてしまうという状況にあるからです。

実は、企業の売上の8割は全体の2割の顧客がもたらしているといわれています。これをパレートの法則と呼びます。

ファンはこの2割の顧客です。ファンは単純なリピーターではなく、その企業やプロダクトに愛着があるため、新たに他社から良いプロダクトが出たとしても感情的な理由により乗り換えることはありません。

また、ファンは口コミなどで自発的にプロダクトを広げてくれる可能性があります。

ファンマーケティングを実施するには、ファンの発掘から、属性の分析、そしてファン・プラットフォームごとに適したマーケティングを行う必要があります。

効果的なファンマーケティングを実施するには、BOKURAなど実績のある企業の力を借りることも重要です。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。特にSNSマーケティングやファンマーケティングはリアルな顧客な声を聞けることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BOKURA CRM SaaS SNS コミュニケーション スポーツ チーム ツール データ ファン ファン・マーケティング マーケティング 代行 情報 支援 管理 資金調達 運用
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人事評価クラウド・サービス提供の「HRBrain」が6億円調達
2020年1月17日、株式会社HRBrainは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事評価クラウド・サービス「HRBrain」を開発・提供しています。 従業員の目標設定から評価まで…
カイコ由来タンパク質を用いた経口ワクチンを開発する「KAICO」が2.6億円調達
2021年12月15日、KAICO株式会社は、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 九州大学のオリジナルカイコを利用し、難発現性タンパク質を大量生産できる生産プラットフォーム…
工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」運営の「ファースト・オートメーション」が1億円調達
2021年10月29日、株式会社ファースト・オートメーションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」の開発・運営や、工場自動化提案コ…
「VMK」が資金調達 学生無料のコワーキング・スペース「Voltage」を6/1にオープン
2020年6月23日、株式会社VMKは、銀行融資とクラウドファンディングにより資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Voltage」を2020年6月1日(月)にオープンしたことを発表しました…
光パターン形成LED照明提供の「パイフォトニクス」が1億円調達
2019年12月26日、パイフォトニクス株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売を手掛けています。 工場内の労働…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ