「アクル」が「エルテックス」と業務提携 ECサイトでのクレジットカードの不正利用対策を推進

tips

2022年5月30日、株式会社アクルは、株式会社エルテックスと業務提携を開始したことを発表しました。

アクルは、不正検知・認証システム「ASUKA」を提供しています。

不正利用者を自動で検知して本人確認を行うため、通常カート離脱につながる購入時の本人確認ステップの追加を行うことなく、効果的なチャージバック対策を実現することができるシステムです。

エルテックスは、ECフロント機能とEC・コンタクトセンター(電話やオーダーカード受注など)の受注機能を中心に、EC業務に必要な機能を網羅したパッケージ「eltexDC」を展開しています。

今回の提携により、エルテックスの「eltexDC」導入ユーザーは、アクルの「ASUKA」をスムーズに導入できるようになります。

日本クレジットカード協会が公表している「クレジットカード不正利用被害の発生状況」(2022年3月発表)によると、2021年のクレジットカード不正利用被害額は約330億円(前年253億円)で過去最悪の被害となりました。

被害額の内訳は、番号盗用が約311億円(前年約223億円)、偽造カードが1.5億円(前年8億円)、その他不正利用が16.9億円(前年21.4億円)となっています。

偽造カードについては偽造防止技術の進展などにより被害は年々減少しています。

一方で番号盗用については年々被害額が増加しており、消費者側への啓蒙や、クレジットカードが流出しないようなセキュリティの構築が求められています。

盗用されたクレジットカードの利用については、実店舗であればサインや暗証番号の入力によって本人確認を行って防止しています。しかし、ECショップではそれが本人なのか不正利用なのかを判断することは困難です。

加盟店には実店舗・EC共に本人確認の義務があり、たとえ不正利用が発生したとしても、それは本人確認を怠った加盟店の責任となります。

そしてクレジットカードには不正利用された際、代金の返還の請求、もしくは支払いを拒否できるというチャージバックという仕組みがあります。

EC事業者はこのチャージバックに応じなければならないのですが、不正利用の場合、発送した商品は手元に戻って来ず、代金だけが失われてしまうことになります。

そのため3Dセキュアという決済時に別途パスワードを求める仕組みにより本人確認を行うEC事業者も増えています。しかし消費者としては決済時の手間がひとつ増えてしまいますし、この3Dセキュアのパスワードを忘れていた場合、注文をやめてしまうことになります。

アクルの「ASUKA」は、この本人確認を一律で行うのではなく、不正利用が疑われる利用者を独自のアルゴリズムと機械学習によって識別し、疑いのある者だけに本人確認を行うことで、カート離脱を最低限に抑えつつ、不正利用を防ぐという仕組みを構築しています。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ASUKA EC eltexDC アクル エルテックス クレジットカード サイト セキュリティ チャージバック対策 不正 対策 株式会社 検知 業務提携 認証
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業向けリスク・データベースの提供などの「KYCコンサルティング」が資金調達
2020年4月1日、KYCコンサルティング株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 企業向けリスク・データベースの提供や、KYC/AMLに関するコンサルティングを展開しています。 高度なシス…
プライベートツアーサービスを展開する「otomo」が「オリエンタルランド・イノベーションズ」から資金調達
2022年5月18日、otomo株式会社は、株式会社オリエンタルランド・イノベーションズから資金調達を実施したことを発表しました。 otomoは、プライベートツアーサービス「otomo」、地域コンサル…
介護士シェアリング・サービス「イチロウ」運営の「LINK」が6,500万円調達
2020年10月22日、株式会社LINKは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護士シェアリング・サービス「イチロウ」を運営しています。 要介護者が自宅で最期まで生活を送るこ…
「Capex」が1億円調達 ライフ・パートナー・アプリ「PATONA」をリリース
2020年12月24日、株式会社Capexは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、ライフ・パートナー・アプリ「PATONA(パトナ)」をリリースしたことも併せて発表しました。 「…
酪農・畜産向けIoTソリューション提供の「ファームノートHD」が資金調達
2020年1月15日、株式会社ファームノートホールディングスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、オイシックス・ラ・大地株式会社が設立したフードイノベーション領域に特化したCVCファン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ