注目のスタートアップ

VCの「Angel Box」がベトナムの医師と患者向け医療アプリ「MEQUY」を開発する「Lea Bio」に出資

company

2022年5月13日、株式会社Angel Boxは、Lea Bio株式会社に出資したことを発表しました。

Lea Bioは、ベトナムの医師と患者向け医療アプリ「MEQUY」を開発しています。

来院するまでに、患者・家族にスマートフォンアプリから簡単な事前問診に答えてもらうことにより、診察時の非効率的な業務を削減し、医師と患者が必要とするコミュニケーションの時間の創出や業務効率化を実現するサービスです。

また、アプリから通院する患者の健康チェックを行うことができ、医師がそれを事前にチェックすることで、再診時の無駄を削減したりフォローを行ったりすることが可能となります。

今回の資金は、「MEQUY」のリリースに向けた開発などに充当します。

ベトナムは近年の著しい経済の発展によって国際的にも注目されている東南アジアの国です。

経済成長に伴いインフラの整備も行われていますが、医療に関しては大きな課題を抱えています。

ベトナムにおいて医療従事者の人手不足は非常に深刻で、2019年時点ではベトナムの人口1万人に対する医師数は9人、看護師数は14人となっています。APACの水準は、医師14人、看護師30人であるため、どちらも不足していることがわかります。

また、医療リソースの地域による偏りも激しく、全人口の約30%が居住する都市部に、医師の約60%、看護師の55%が集中しています。

地域の市民にとって身近な医療機関であるコミューンヘルスセンターには医師が配属されていないこともあり、多くの患者は都市部の病院に集中して押し寄せることになります。

このせいで都市部の病院は非常に忙しく、特に小児科医は他分野の医師と比べても残業時間が長いという課題を抱えています。その要因は非効率的な書類作業であり、この業務の非効率さから1日に診察できる患者が限られ、来院したのにも関わらず診察できない患者も慢性的に出ています。

Lea Bioは、問診にかかる業務を効率化するアプリ「MEQUY」を提供することで、この課題を解決することを目指しています。

社会課題の解決は、ビジネスとして行えるものもあります。しかしビジネスとして成立させるためにハードルがあることも少なくなく、継続的に資金を必要とする企業もあるでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Angel Box Lea Bio MEQUY アプリ コミュニケーション スマートフォン ベトナム 医師 医療 患者 株式会社 業務効率化 病院 社会課題 開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

脳神経科学を応用した感情分析サービスを提供する「SandBox」が3,000万円調達
2021年11月15日、株式会社SandBoxは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳波による感性分析サービス「ノウミーリサーチ」と視線推定AI「ノウミーマップ」を提供してい…
運転代行配車アプリ「AIRCLE」展開の「Alpaca.Lab」が資金調達
2022年3月1日、株式会社Alpaca.Labは、資金調達を実施したことを発表しました。 運転代行配車アプリ「AIRCLE(エアクル)」を展開しています。 アプリから配車発注することで、運転代行業者…
空き情報プラットフォーム「VACAN」提供の「バカン」が資金調達
2021年10月27日、株式会社バカンは、資金調達を実施したことを発表しました。 IoT・AIを活用して店舗などの空き情報を収集・解析・配信するサービス「VACAN」を提供しています。 独自のAIアル…
イベント・マーケティング・システム運営の「EventHub」が2.3億円調達
2020年2月6日、株式会社EventHubは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イベント・マーケティング・システム「EventHub」を開発・運営しています。 イベント…
自動運転システム開発の「ティアフォー」が113億円調達
株式会社ティアフォーは、総額113億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ティアフォーは、オープン・ソースの自動運転OS「Autoware」の開発を主導しています。 また、自動運転システムの開発…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ