IoTスマートホームを展開する「アトムテック」とIoTプラットフォーム提供の「ソラコム」が資本業務提携

tips

2022年5月18日、アトムテック株式会社は、株式会社ソラコムと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

アトムテックは、スマートホームカメラ「ATOM Cam」を展開しています。

ソラコムは、IoTデバイスの選定支援・通信サービス・アプリケーションなどをワンストップで支援するIoTプラットフォーム「SORACOM」を提供しています。

今回の提携により、両者の知見・技術を融合し、ビジネス分野のデジタル活用を促進するソリューションを共同開発していきます。

第1弾として、ソラコムクラウドカメラサービス「ソラカメ」を共同開発し、2022年5月18日から提供開始します。

「ソラカメ」は、月額990円から利用できるクラウドカメラサービスです。

IoTカメラ・ネットワークカメラは、これまで導入・運用に高いコストがかかっていた防犯カメラの価格帯を一気に引き下げました。

IoTカメラはスマートフォンなどから映像を確認できるため、防犯以外の用途での利用も広がっています。

たとえば、被介護者・留守番をする子ども・ペットの見守りのために利用されることも増えています。

特に高齢化の進展と東京一極集中により親元から離れて暮らす世帯が多くなったことで、自分の親の見守りのためにIoTカメラなどのIoT製品を活用するということが、これからも増えていくと考えられます。

また、AIによって行動を分析しなんらかのトラブルがあった場合に通知をするといった機能などにより活用の幅はいくらでも広げられるため、IoTカメラは業務効率化などにおいても大きく注目されています。

今回、アトムテックとソラコムによって提供される「ソラカメ」は、カメラの手軽な設置、映像のモニタリング、映像のクラウドの保存などを可能にするクラウドカメラサービスです。

小売業などにおける混雑度や商品の増減度のモニタリング、製造業における計器のモニタリング、オフィス・倉庫の入退室管理などでの利用を想定しています。

また、顧客のフィードバックにもとづいて機能を拡充していくことを発表しているため、今後様々な用途で利用できるクラウドカメラサービスへと成長していくと考えられます。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ATOM Cam IoT IoTカメラ SORACOM アトムテック カメラ クラウド・カメラ スマートホーム ソラカメ ソラコム デバイス プラットフォーム 共同開発 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

無添加ペット・フード企画・販売の「オネストフード」が6,000万円調達
2020年5月11日、オネストフード株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国産・無添加のグレイン・フリー・ペット・フード「レガリエ キャットフード」と「レガリエ ドッ…
D2CブランドやD2Cソリューション事業を通じてファッション業界のDXを推進する「Brandit」が資金調達
2021年12月27日、株式会社Branditは、CRGホールディングス株式会社の子会社であるCRGインベストメント株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Branditは、自社生産…
下膳自動化ロボット開発の「スマイルロボティクス」が4,500万円調達
2020年1月30日、スマイルロボティクス株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボットを開発してい…
ライフ・プランニングなどFinTechサービス展開の「MILIZE」が資金調達
2020年4月22日、株式会社MILIZEは、資金調達を実施したことを発表しました。 ライフ・プランニングと資産負債管理の統合クラウド・プラットフォーム「Milize」や、保険証券電子化アプリ「mir…
メタマテリアルを活用した新しい摂家アルゴリズム「DFM」開発の「Nature Architects」が9,000万円調達
2020年9月30日、Nature Architects株式会社は、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年5月に完了した資金調達と併せ、累計4.15億円を調達しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ