注目のスタートアップ

電動車椅子型の近距離モビリティを開発・提供する「WHILL」が資金調達

company

2022年5月17日、WHILL株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

WHILLは、電動車椅子型の近距離モビリティの開発・提供や、自動運転サービス/システムの提供などを展開しています。

2022年5月現在、近距離モビリティとして「WHILL Model F」・「WHILL Model C2」を販売しています。

「Model F」は、折り畳み可能なコンパクト電動車椅子型のモビリティで、車や電車に乗せて持ち運べることを特徴としています。

「Model C2」は、段差や悪路が多い場所をよく走る人向けの電動車椅子型のモビリティです。5cmの段差を乗り越えることが可能です。

自動運転サービス/システムとしては、近距離モビリティを活用し、病院・空港・ショッピングモールなど、室内環境での移動を自動化するものとして開発・提供を行っています。

自動走行・自動運転による移動と、無人での返却が可能になるため、スタッフの負荷の軽減と、安全性が高く効率的な電動車椅子の運用を実現することができます。

2020年6月から羽田空港に本格導入されているほか、国外の複数の空港で実証実験を行っています。

今回の資金は、生産体制のグローバル拡大、ビジネスのサービス事業に重点を置いたリソース強化に充当します。

車椅子は足などに障害を抱える人にとって日常生活に欠かせない移動手段です。

また、手動の車椅子を手の力で動かしたり操作したりすることが難しい人の場合は、電動椅子を利用することになります。

一方で、電動車椅子はバッテリーの関係上、重量が重くなる傾向にあります。エレベーターが整備されている施設ならばいいのですが、階段しかない施設の場合、重量のある電動車椅子は階段などでの介助の際の大きな負担となってしまいます。

また、サイズの関係上狭い場所などは通れないこともありますし、小回りが利かないため、日常に欠かせない移動手段でありながら、あまり移動したくないと考える電動車椅子ユーザーも少なくありません。

WHILLは既存の電動車椅子の課題を解決するため、操作性が良く、コンパクトで、小回りが利く次世代の電動車椅子型モビリティを開発・提供しています。

また、日本では高齢化が進展しており、体力や持病の問題などから、長い距離を移動することができない高齢者も増加していくことが考えられます。

街では日常の移動手段としてシニアカー(スクーター形電動車椅子)を利用している高齢者も見かけます。WHILLは2022年秋にスクーター型の新モデル「WHILL Model S」の発売を予定しており、高齢者のニーズにも応えられるようモビリティを展開していくようです。

次世代のプロダクトの開発には、より多くの資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ モビリティ 安全 株式会社 無人 福祉 自動 自動化 自動運転 資金調達 車いす 電動車椅子
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

パーソナルドクターによる予防医療・生活改善プログラム「Wellness」展開の「ウェルネス」が6,500万円調達
2022年5月10日、株式会社ウェルネスは、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 予防医学知見・ビヘイビアヘルス(公衆衛生学)についても熟知したパーソナルドクターにより、予防・…
MaaS事業展開の「MaaS Tech Japan」が3.2億円調達
2021年12月8日、株式会社MaaS Tech Japanは、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 都市・交通分野におけるモビリティデータの活用による、都市・交通のDX推進…
オンライン学習コミュニティの「Schoo」が資金調達 KDDIと業務提携
2019年9月18日、株式会社Schooは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、KDDI株式会社との業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。 Schooは、大人たちがずっと学び続ける…
「マイカー賃貸カルモ」で最長11年の契約が可能に
2019年7月2日、ナイル株式会社は、「マイカー賃貸カルモ」において、2019年7月1日から、最長11年の契約形態を設けたことを発表しました。 「マイカー賃貸カルモ」は、月額定額料金でマイ・カーを保有…
創薬ベンチャーの「ジェイファーマ」が5億円調達
2021年1月7日、ジェイファーマ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 細胞膜表面のSLCトランスポーターを創薬標的とした創薬ベンチャーです。 トランスポーターとは、細胞の生…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ