ARクラウドプラットフォーム「Pretia」が正式ローンチ

tool

プレティア・テクノロジーズ株式会社は、2022年4月26日にARクラウドプラットフォーム「Pretia」を正式ローンチしたことを発表しました。

「Pretia」は、AR開発をより簡単にするクラウドサービスです。

現実とARの乖離・複数人での同時AR体験・開発コストの3つの課題を同時に解決することを目的としています。

「3Dスキャナアプリ」、「開発者コンソール」、Unity上へのマップ取り込み・ARコンテンツの埋め込みなどをサポートする「Pretia SDK」のツールセットを提供します。

機能としては、3Dマップの作成、3Dマップの拡張・合成、コンテンツオーサリング、開発チーム・メンバーの管理、自己位置推定(リローカリゼーション)、マルチプレイヤーなどを提供します。

登録と個人による開発は無料で、法人によるビジネス利用は問い合わせが必要となります。

VRやARなどのxR技術は次世代技術として開発が盛んに行われており、エンターテインメントへの活用だけでなく、不動産の内見や展示会などへの活用も進んでいます。

VR(Virtual Reality, 仮想現実)は、メタバースの流行などもあり、どんなものであるかを知っている人は増えていると思います。しかしARについてはよく知らない方も多いかもしれません。

AR(Augmented Reality, 拡張現実)とは、現実空間にデジタルデータ/コンテンツを重ね合わせて表示することで、現実空間を拡張する技術です。

Niantic社と株式会社ポケモンによって共同開発されたスマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「Pokémon GO(ポケモンゴー)」は、社会現象と言われるほど流行しましたが、このゲームもARを活用したプロダクトのひとつです。

「Pokémon GO」では、スマートフォンのカメラを通じ、現実空間にポケモン(デジタルコンテンツ)を重ね合わせて表示させることができます。

また、位置情報を利用しており、特定の場所に行くということがゲームシステムに組み込まれています。

このように、現実とデジタルを融合させたものがARなのですが、ARでリッチな体験を提供するには開発難度が高いということが課題となっています。

プレティア・テクノロジーズは、ARクラウドプラットフォーム「Pretia」の提供によりこの課題を解決し、ARの活用を促すことを目的としています。

最新技術の開発には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ 3D AR Pretia SDK Unity XR クラウド ツール プラットフォーム プレティア プレティア・テクノロジーズ ローンチ 株式会社 空間 開発キット 開発プラットフォーム
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

農業×AIによる農業支援と青果卸売事業展開の「Happy Quality」がCO2直接回収装置を研究開発する「CRRA」と業務提携
2021年6月16日、株式会社Happy Qualityは、CRRA(一般社団法人炭素回収技術研究機構)と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Happy Qualityは、ビッグデータ・AI・…
生理用品ブランド「Nagi」展開の「BLAST」が資金調達
2020年6月5日、株式会社BLSATは、資金調達を実施したことを発表しました。 生理期間中に1枚でも使用できる吸水ショーツ「Nagi」を展開しています。 洗うことでくり返し使用することができます。形…
債権管理業務DX推進の「Lecto」がパーソナルスタイリングサービス展開の「DROBE」と業務提携
2022年6月17日、Lecto株式会社は、株式会社DROBEと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Lectoは、債権管理・督促回収をDXするプラットフォーム「Lectoプラットフォーム」を…
アド・ネットワーク事業展開の「オメガ」が資金調達
2020年2月6日、オメガ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグ・データを活用したアド・ネットワーク事業を展開しています。 また、日本語文字入力・着せ替えキーボード・アプリ「ANY…
マンツーマンのオンラインパーソナルトレーニングアプリ「WITH Fitness」提供の「ウィズカンパニー」が1億円調達
2022年2月1日、株式会社ウィズカンパニーは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マンツーマンのオンラインパーソナルトレーニングアプリ「WITH Fitness(ウィズフィットネス…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ