注目のスタートアップ

曲がれる自走型ロープウェイ「Zippar」を開発する「Zip Infrastructure」が1.9億円調達へ

company

2022年4月12日、Zip Infrastructure株式会社は、総額1億9,000万円の資金調達を実施することを発表しました。

Zip Infrastructureは、次世代の交通インフラである、自走型ロープウェイ「Zippar」を開発しています。

従来のモノレールに比べ約1/5のコスト・期間で建設が可能であること、自動運転であること、既存のロープウェイと違いカーブ・分岐を自由自在に設けることができること、上空を走るため交通事故のリスクが大幅に低下することなどのメリットがあります。

2021年6月には神奈川県秦野市と連携協定を締結しています。2022年に秦野市に試験線を作り、8人乗りモデルの走行実験のデータ収集を行う予定です。運行開始は2025年を予定しています。

今回の資金は、各種エンジニアの採用、試験線の建設などに充当されます。

次世代のモビリティとしては空飛ぶクルマ(エアモビリティ)が大きく注目されています。日本では2025年に開催される大阪・関西万博でエアモビリティによって万博会場まで送客するということが考えられています。すでに実証実験が開始されており、一般観客の前でもフライトが行われました。

エアモビリティの大きなメリットには、広大な空を使えるため、道路の整備が必要ないことや直線距離で移動できること、都市が抱える交通渋滞を解決できることなどが挙げられます。

一方で、技術的な課題をクリアできたとしても、法律や都市空間の問題があり、すぐに都市部で運行を開始できることにはならないと考えられます。

そこで同じく上空を活用できるロープウェイが次世代交通インフラとして世界で注目されているのです。実際に、南米にある国ボリビアの都市ラパスでは、2014年に渋滞の緩和を目的に、都市型ロープウェイ「ミ・テレフェリコ」が開業され、市民の足として利用されています。

ロープウェイは都市交通の現実的な解決案として様々なメリットがあります。モノレール・LRT・地下鉄などよりも建設費が安いこと、上空を活用するため渋滞を解消できること、大きな駅を必要としないこと、高低差といった地形に左右されないことなどがそのメリットです。

Zip Infrastructureの自走式ロープウェイ「Zippar」は、ロープのほかに曲レールも設置し、ロープとレールをシームレスに走行できる自走式の車両により、曲がれる、分岐を設置できるという、既存のロープウェイでは難しかった路線設計を可能にしています。

Zip Infrastructure株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Zip Infrastructure株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

現在設計中の試験線での8人乗りモデル開発と、その走行実験のデータ収集などが目的です。

・今後の展望を教えてください。

2024年の許諾獲得と、2025年の運行開始を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

会社を創業してから4年弱、やっと実際の1/1スケールでの実験が開始できます。この1年で設計や実験準備、営業面でも神奈川県秦野市が市内の交通システムとしての可能性を調査する予算を今年度予算で計上するなど、着実に進んできました。今までは夢を語るフェーズでしたが、これからはそれを現実にして、世の中の役に立てるフェーズだと考えています。まずは、今年の秋の試乗会、そして2025年の運行開始まで、突っ走ります!
ぜひ、我々と一緒に都市輸送の未来を作りませんか、連絡待ってます。

最新のプロダクトの開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Zip Infrastructure Zippar インフラ モビリティ ロープウェー ロープウェイ 交通 株式会社 次世代 神奈川県 秦野市 自動運転 自走型ロープウェイ 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「G-Place」が100件目の自治体公式アプリをリリース
2019年7月31日、株式会社G-Placeは、100件目となる自治体公式アプリを2019年8月1日にリリースすることを発表しました。 G-Placeは、自治体に提供するアプリ構築サービスと、全国自治…
“目標”でつながるコミュニティ「Reeeach」がリリース
2019年12月9日、株式会社ALFOSは、「Reeeach(リーチ)」をリリースしたことを発表しました。 「Reeeach」は、“目標”でつながるコミュニティ・アプリです。 目標を「センゲン」して投…
「ネクストミーツ」の代替肉が「焼肉ライク」全49店舗において12/14から販売開始
株式会社ダイニングイノベーションは、株式会社焼肉ライクが運営する「焼肉ライク」(全49店舗)において、12月14日(月)から「NEXTカルビ」・「NEXTハラミ」を販売開始することを発表しました。 「…
ピッチイベント「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」 決勝登壇者14名が決定
2021年11月12日、IVS株式会社は、ピッチイベント「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」の登壇者14名が決定したことを発表しました。 「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」は…
HRTechをベースとしたプロダクトなど開発の「HAB&Co.」が資金調達
2020年7月22日、株式会社HAB&Co.は、資金調達を実施したことを発表しました。 採用特化型・人材募集サイト開設・運用サービス「SHIRAHA(シラハ)」や、ハローワークの求人番号を入力するだけ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ