注目のスタートアップ

空間活用・無人運営を実現する「StayX」展開の「matsuri technologies」が20億円調達

company

2022年3月24日、matsuri technologies株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。

空間活用・無人運営を実現するソリューション「StayX」や、民泊向けPMS「m2m Systems」、リゾート地での貸別荘 「s-villa」、法人向けマンスリーマンション「sumyca」、海外からの帰国者・入国者のためパッケージサービス「一時帰国.com」などを展開しています。

「StayX」は、空き家・賃貸物件・別荘などの空間の活用を促すソリューションです。自社開発したソフトウェアによって、ネット集客・予約管理・スマートロック接続・オンラインチャット・清掃員管理・運用分析を効率化し、ユーザーごとに最適な無人管理を実現しています。

今回の資金は、「StayX」事業の拡大に充当されます。

総務省「平成30年住宅・土地統計調査」によると、居住世帯のある住宅は全国に5,361万6,000戸(総住宅数のうち85.9%)、空き家は848万9,000戸(13.6%)となっています。また空き家の数は年々増加傾向にあり、空き家問題として知られています。

空き家が存在していると、老朽化による倒壊、景観の悪化、放火による火災、雪など自然災害による倒壊・落雪などの問題が生じます。そのため空き家の所有者は適切に空き家を管理しなくてはならないのですが、遠くに住んでいたりコストの問題があるため適切に管理できる人は限られています。

一方で、コロナ以前、東京オリンピックに向けた訪日観光客の受け入れのため、空き家などを活用した民泊が大きく推進され、特に都市部ではその数を急激に伸ばしていました。空き家で収益をあげられることから、空き家問題の解決に資するものとして注目されていたのですが、新型コロナウイルスの流行によって大きな打撃を受けることになってしまいました。

matsuri technologiesは、民泊運営の効率化において事業を展開していましたが、新型コロナウイルスの影響をもろに受けてしまいました。しかし、「一時帰国.com」事業や、「s-villa」事業など新規事業を立ち上げ、コロナ禍においても事業を成長させています。

今後、コロナ禍においても空き家などの空間の活用を促進するため、空間を非対面での予約・決済・入居ができる宿泊/滞在施設に生まれ変わらせる「StayX」に力を注いでいくようです。

業務効率化はすべての領域において重要です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ matsuri technologies StayX マンション 不動産 別荘 株式会社 無人 空き家 空間 賃貸物件 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

Z世代向けマーケティング事業展開の「uzumaki creative」が3,000万円調達 NFTアートプロジェクト「AR Mask Club」を発表
2022年3月2日、株式会社uzumaki creativeは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、NFTアートプロジェクト「AR Mask Club」も併せて発表しま…
猫の活動データを記録する首輪「Catlog」展開の「RABO」が6億円調達
2021年4月6日、株式会社RABOは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飼い猫の活動データを24時間記録する首輪「Catlog」の提供を行っています。 また「Catlog」シリー…
暗号資産/ブロックチェーン事業や証券取引管理システム事業などを展開する「テコテック」が6億円調達
2022年8月26日、株式会社テコテックは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 テコテックは、暗号資産/ブロックチェーン事業、証券取引管理システム事業、決済認証事業を展開しています。…
地方中核都市の人材・組織の課題を解決するプラットフォーム開発の「NOKIOO」が資金調達
株式会社NOKIOOは、資金調達を実施したことを発表しました。 地方中核都市の人材・組織の課題を解決するためのHR事業を展開しています。 具体的には、浜松地域を中心とした子育て女性の社会参画コミュニテ…
探究学習EdTechプラットフォーム「TimeTact」提供の「Study Valley」が「マイナビ」と資本業務提携
2022年6月23日、株式会社Study Valleyは、株式会社マイナビと、2022年6月22日に資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Study Valleyは、探究学習EdTechプラ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ