注目のスタートアップ

再エネ・蓄電池のクラウド運用管理プラットフォーム「Tensorプラットフォーム」提供の「Tensor Energy」が7,000万円調達

company

2022年3月8日、Tensor Energy株式会社は、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

再エネ開発業者と再エネ発電事業者向けの、再エネ・蓄電池のクラウド運用管理プラットフォーム「Tensorプラットフォーム」を提供しています。

FIT・FIP・その他相対契約に対応したアセットデータ管理システム、AIによる発電予測と電力取引市場の予測、オペレーションの自動化などを実現するサービスです。

2023年以降は、再エネのオペレーションの自動化、リスク管理、蓄電システム連携といった機能を順次リリースし、再エネのオーケストレーションプラットフォームへの成長を目指します。

世界中で脱炭素化の取り組みが進み、再生可能エネルギーの開発や導入が進んでいます。

日本においても総発電量に対する再生可能エネルギーの割合は年々高まっており、今後もこの流れは止まることはなく、参入する事業者も増加していくことでしょう。

また、日本の再エネにおいては、水力発電を除くと太陽光発電がもっとも大きな割合を占めており、今後も再エネにおけるメジャーな発電として利用されていくと考えられます。

一方で、再エネ発電所の運転準備や運用は非常に複雑なプロセスから成っているため、統合管理できるシステムが欠かせません。

Tensor Energyは、再エネ・蓄電池のクラウド運用管理プラットフォーム「Tensorプラットフォーム」の提供により、再エネ開発業者や再エネ発電事業者の業務を総合的にサポートすることを目指しています。

Tensor Energy株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Tensor Energy株式会社 ファウンダー/共同代表 堀ナナ氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

再生可能エネルギーの発電予測、電力卸売市場の動向の予測アルゴリズムと、AIの開発のための人材採用、また組織体制の強化を目的としております。

・今後の展望を教えてください。

私達は、再エネ発電所のライフサイクルに沿って、計画、開発フェーズから発電事業者、投資家、需要家を、テクノロジーの面からサポートし、SDGsやRE100への取り組みを加速させ、100年先もその先も持続可能な、エネルギーと地域の未来に貢献して参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

Tensor Energyでは一緒に働く仲間を募集しています。ご興味があれば是非、弊社採用ページからお問い合わせ、ご応募ください。

企業の利益を最大化させるためには、テクノロジーの活用が重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Tensorプラットフォーム オペレーション 再エネ 再生可能エネルギー 株式会社 発電 管理 蓄電池 資金調達 電力 電力取引
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スリープテック事業の「ニューロスペース」が1.7億円調達
2019年7月8日、株式会社ニューロスペースは、1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先である、SOMPOホールディングスグループ各社と、高齢者の健康と睡眠の関係についての共…
映画の企画・制作・宣伝・配給などを展開する「チームジョイ」が「ブシロード」と資本業務提携
2022年4月25日、チームジョイ株式会社は、株式会社ブシロードから資金調達を実施し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チームジョイは、映画の企画・制作・宣伝・配給や、IPの開発・管理・…
リテンションボット開発・提供の「Smash」が8,000万円調達
2022年1月11日、株式会社Smashは、総額8,016万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リテンションボット「Smash」を開発・提供しています。 サブスクリプションサービスや定期通販を…
視線計測型VR検査機器を開発する「ニューラルポート」が資金調達
2022年4月15日、株式会社ニューラルポートは、資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学発の研究開発型スタートアップで、視線計測型VR検査機器の開発を行っています。 心理・精神科の領域におい…
無添加ペット・フード企画・販売の「オネストフード」が6,000万円調達
2020年5月11日、オネストフード株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国産・無添加のグレイン・フリー・ペット・フード「レガリエ キャットフード」と「レガリエ ドッ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ