注目のスタートアップ

レシート買取アプリ「ONE」運営の「WED」が資金調達

company

2022年1月27日、WED株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

レシート買取アプリ「ONE」を運営しています。

アプリをインストールしたユーザーに自身の買い物によって出たレシートを撮影・アップロードしてもらうことで購買データを入手し、その対価としてレシート1枚あたり1~10円の報酬を支払うという仕組みのサービスです。

ゲーム間感覚で楽しめる高額買取ミッションや、買い物ニュースの配信など、日々の買い物を豊かにするようなコンテンツも提供しています。

リリースから3年超で、累計ダウンロード数300万以上、累計買取レシート枚数2億枚を突破しています。

蓄積されたデータは、「ONE for BUSINESS」により網羅性の高い購買データとして企業に提供しています。

今回の資金は、「ONE」のMAU・ARPU拡大、人材の確保などに充当されます。

マーケティングにおいて購買データを活用することは当たり前のことになりつつあります。

しかし購買データには様々な課題があります。

たとえば、POSデータは、その店舗における全商品の売上数量や、どの時間帯にどれだけ売れたか、そしてそのデータに買い物客の属性を加えることができます。

しかし、買い物客の属性はレジ担当による操作によって決定されるため、そのデータの信頼性にばらつきが出てしまうという課題があります。

他にも、大手ポイントカードの購買データは非常に巨大なものではありますが、加盟店以外のデータが取得できないこと、データを活用するためには一定数以上の会員が必要であるといった課題があります。

また近年ではECに進出する事業者も多く、大手ECモールに出店することもあると思いますが、こういったプラットフォーマーが独占するデータは、外部に提供されることはほとんどありません。

WEDはこういった購買データ流通の問題を解決するため、消費者のレシートを買い取ることで購買データを集め、必要とする企業に提供しています。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。特にSNSマーケティングはリアルな顧客な声を聞けることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ONE WED アプリ データ マーケティング レシート レシート買取 小売 株式会社 買取 資金調達 購買データ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業のDXを支援する「東京ファクトリー」が1億円調達
2021年1月25日、株式会社東京ファクトリーは、約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ANRIです。 また、製造業の生産現場向けSaaS「Proceedクラウド(プロシードクラ…
データ資産の自在なコントロールを実現する「Minitt」が6,000万円調達
2021年10月14日、株式会社Minittは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 業務・部門・会社横断におけるデータ資産の自在なコントロール・強力なコンプライアンス・迅速な業…
オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」運営の「メリービズ」が資金調達
2019年11月22日、メリービズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」を運営しています。 全国750名以上のプロの経理人材が…
ローカル・コミュニティやコワーキング・スペース運営の「ATOMica」が1.8億円調達
2020年3月26日、株式会社ATOMicaは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 株式会社ビットキーと株式会社ディーサイングループのジョイント・ベンチャーとして2019…
衛星データ解析コンテスト運営の「Solafune」が資金調達
2021年1月22日、株式会社Solafuneは、資金調達を実施したことを発表しました。 2020年10月から、衛星データを活用したデータ解析コンテスト「Solafune」を運営しています。 初回では…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ