注目のスタートアップ

IoTセンサー「AIBeacon」・ターゲティング広告「アドインテAIGeo」など展開の「アドインテ」が52億円調達

company

2022年1月24日、株式会社アドインテは、総額52億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Wi-FiセンサーとiBeaconが一体になったアプリ不要のIoTセンサー「AIBeacon」や、リアルな行動にもとづいたターゲティング広告「AIGeo」、リテールメディアプラットフォーム「BRAND LOOP Ads」、OMOマーケティング事業、歯科業界に特化した求人サイト「メディクル」などを展開しています。

「AIBeacon」は、IoTセンサーを設置することで、スマートフォンを持つ顧客の行動を蓄積/解析し、小売店などのO2Oマーケティングを実現するソリューションです。

従来のビーコンはBluetoothを利用して情報を収集していたため、ユーザーのスマートフォンのBluetoothがオンになっており、かつ、専用アプリがインストールされている必要がありました。

「AIBeacon」は、Wi-Fiでも検知可能で専用アプリも不要であるため、従来のビーコンの課題をクリアし、幅広い顧客情報の取得が可能となっています。

また、ターゲティング広告「AIGeo」と連携することで、店舗内の解析だけでなく来店計測も可能となります。

「BRAND LOOP Ads」は、ID-POSデータなど含めたオフラインデータとデジタル広告を連携することで、消費者の購買行動を分析し、最適なデジタル広告配信や、One to Oneコミュニケーション販促を可能にした、ブランドメーカー特化の広告配信プラットフォームです。

匿名化された情報によって配信・分析を行うため、個人情報を扱うことなくプライバシーに配慮しながらマーケティングを行うことができます。

今回の資金は、「BRAND LOOP Ads」のさらなる拡大や、流通小売・メーカー向けDXソリューション開発の強化などに充当されます。

これまで、デジタルマーケティングでターゲティングを行う際には、Cookieという個人のWebサイトでの行動を把握するためのデータを利用していました。

しかし、2018年5月に個人情報保護の観点から、EU域内における新たな個人情報保護規則として「EU一般データ保護規則(GDPR)」が施行され、Cookie規制が強化されました。これにより世界中でCookie規制が進んでいます。

このようにオンラインにおけるプライバシー配慮の流れは強まっており、デジタルを活用したマーケティングを実施したい小売業などは、個人情報を扱うことなく顧客ごとに最適化されたマーケティングを行うことができるソリューションを求めています。

アドインテは、O2Oソリューション「AIBeacon」などによって小売のマーケティングDXを支援しています。

「AIBeacon」は、利用者個人を特定できるような情報を取得しないことも特徴としており、プライバシーに配慮したマーケティングを実現することができます。

また、取得したマーケティングデータを活用したリテールメディア事業も展開し、メーカーのマーケティング支援と、小売業の広告収益の確保を行っています。

O2O・OMOマーケティングは、小売業の今後の成長や生存を左右するものとして強く認識されています。このアドインテの資金調達は、オフラインマーケティングDXへの期待の現れといえるでしょう。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AIBeacon AIGeo BRAND LOOP Ads IoT O2O OMO アドインテ ターゲティング マーケティング リテール・メディア 小売 小売業 広告 店舗
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートロックなど展開の「ライナフ」と「神奈川県住宅供給公社」が安全な置き配の実現に向け連携
2022年2月21日、株式会社ライナフは、神奈川県住宅供給公社と、オートロックマンションへの安全な置き配を推進するため連携することを発表しました。 ライナフは、オートロックマンション向け置き配対応化サ…
株式会社アクティブ・コーチング・システム 沖本能道|応対業務支援AI人工知能の事業展開が注目の企業
コールセンターにおける応対業務支援AI人工知能の事業展開で注目なのが、沖本能道さんが2018年8月に創業した株式会社アクティブ・コーチング・システムです。 eコマースやオンラインでの事業展開が日常的に…
簡単にIoTシステムを導入することができるクラウド・サービス提供「IoTBASE Cloud」運営の「IoTBASE」が資金調達
2020年7月6日、IoTBASE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 IoTクラウド・サービス「IoTBASE Cloud」を提供しています。 クラウド上で接続済みのセンサーやアプリを…
「Donuts」提供の「ジョブカン採用管理」に新機能「AI日程調整」が追加
2020年11月11日、株式会社Donutsは、「ジョブカン採用管理」に「AI日程調整」を追加したことを発表しました。 「ジョブカン採用管理」は、応募者の獲得から採用までを一元管理できるクラウド・サー…
TISとOUVCが「社会性エージェント」開発のエルブズに出資
大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社を無限責任組合員とする、「OUVC1号ファンド」と、TISインテックグループのTIS株式会社、個人投資家/国立大学法人大阪大学大学院基礎工学研究科教授石黒浩氏、個人…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ