注目のスタートアップ

訪日外国人向けの情報検索やガイドマッチングを提供するプラットフォーム「WOW U」など運営の「EXest」が資金調達

company

2022年1月19日、EXest株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

以下のサービスを展開しています。
・訪日外国人向けの情報検索やガイドマッチングを提供するプラットフォーム「WOW U(ワオ・ユー)」
・日本全国のテレビ局が持つアーカイブ素材や取材カメラで撮影した動画を活用できる動画素材・動画コンテンツプラットフォーム「DOGADOZO(ドウガ・ドウゾ)」
・番組企画書やセールスシートをデジタル化しWeb上で紹介できるコンテンツマーケティング支援サービス「Publicity Showcase(パブリシティ・ショーケース)」
・商品・サービスに関わる人(生産者)の魅力を深堀りするECサービス/オンラインツアー「日本全国・地産伝承 いき物語」

「日本全国・地産伝承 いき物語」では、地方テレビ局と連携し、各地方テレビ局の独自の取材網を活かし地元の名産品・生産者を選び、名産品・生産者のストーリーを伝え、応援のひとつの形として商品が売れていくコミュニティづくりを行っています。

今回の資金は、提供するサービスのさらなる認知向上、サービスの拡大に充当されます。

一般社団法人日本民間放送連盟が公表している資料「地上民放テレビ売上高の現状について」によると、テレビ局の営業収入は年々減少しています。

これは、テレビ広告費が年々減少し、広告費がインターネットへシフトしていることが要因であると分析されています。

テレビ局の利益は広告費と連動しているため、今後の広告費のさらなる減少のことを考えると、テレビ広告の価値向上のための施策や、広告以外での収入が必要となります。

若年層はYouTubeやNetflixなどのネット動画コンテンツに移行しているため、テレビ局はインターネットを利用したコンテンツの発信に力を入れ始めています。

またテレビ局はその独自の取材網や、これまで制作してきた動画コンテンツを財産として抱えています。

しかしその財産は、著作権保護などの理由によって上手く活用できていません。

EXestは、こういったテレビ局のリソースを活用することで、独自のサービス・コンテンツを提供・制作しています。

EXest株式会社のコメント

このニュースを受けまして、EXest株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

新型コロナウイルス感染症拡大により、インバウンド産業が大きな打撃を受ける中、弊社ではさまざまな施策を展開してきました。

例えば、オンラインツアーの一つであるOnlineTeaser Trip(オンライン・ティザー・トリップ)。旅前のDXを目的とし、リアルの旅の代替ではなく、その場所に行きたくなる、ガイドに会いたくなるをコンセプトに実施しています。

また、今回の出資者でもある田村淳氏と一緒に展開している「日本全国・地産伝承 いき物語(以下、いき物語)」は、地方テレビ局の持つアセットを活用した新しい形のコンテンツです。人の魅力を深掘りをしていくことでその人の魅力に触れ、商品・サービスを購入していただきます。

これらの仕掛けを加速させていくための体制を整え、より多くの方に届けていくため、今回の資金調達を実施しました。

出資者は単純な資金提供ではなく、事業を一緒に作っていくことを想定しています。

三菱総合研究所とはWOW UやDOGADOZO、Publicity Showcaseのデータ分析やその活用を実施します。また田村淳氏とは、「いき物語」を通じた、地方テレビ局と連携した動画プラットフォームの構築などを進めていきます。

・今後の展望を教えください。

より多くの地方テレビ局と連携し、その地域に住む人と一緒に魅力を発信していくことで「人」から始まる地方創生を実現していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

EXest社は、2016年創業時から「人」に焦点を当てた地方創生を実施しています。

インバウンド事業から始まり、地方テレビ局と連携した事業構築、事業展開を進めています。今後は、テレビ局のネットワークを活用し、潜在観光力を活かした観光情報発信エコシステム※を構築していきます。

※観光情報発信エコシステム(造語)
エコシステム:地元の人と地元テレビ局が互いに補完しながら、自ら外の人に向けた発信力を高め、その動きを継続的に循環させていく働き

インターネットを活用したPRは費用対効果の優れた方法です。「冊子版創業手帳」では、ネット初心者のためのネットPRのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DOGADOZO EC EXest Publicity Showcase WOW U オンライン・ツアー ガイド ストーリー・テリング テレビ局 ドウガ・ドウゾ パブリシティ・ショーケース マッチング ワオ・ユー 動画 動画コンテンツ 動画素材 日本全国・地産伝承 いき物語 株式会社 生産者 訪日観光客 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

お魚サブスク「Fishlle!」展開の「ベンナーズ」が3,200万円調達
2022年1月17日、株式会社ベンナーズは、総額3,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 お魚のサブスクリプションサービス「Fishlle!(フィッシュル)」を運営しています。 魚のフー…
オーダーメイドによるAI・人工知能ソリューション「カスタムAI」を開発・提供する「Laboro.AI」が4社から出資を受け入れ
2022年9月14日、株式会社Laboro.AIは、日本ガイシ株式会社・三井化学株式会社・株式会社ゼンリン・株式会社SCREENホールディングスの4社による出資を受け入れたことを発表しました。 Lab…
デザインのみでWebサイトが作れるデザイン・ツール運営の「STUDIO」が1.3億円調達
2019年7月25日、STUDIO株式会社は、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Webサイトのデザイン・公開・運用までをコーディングなしで完結できるデザイン・ツール「S…
スマート猫トイレ「toletta」提供の「ハチたま」が1億円調達
2020年5月19日、株式会社ハチたまは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマート猫トイレ「toletta(トレッタ)」を開発・提供しています。 泌尿器疾患にかかりやすい猫のために…
「ビジマッチ」がワーケーション・メディア「TELETRA」をリリース
2020年12月10日、株式会社ビジマッチは、「TELETRA」をリリースしたことを発表しました。 「TELETRA(テレトラ)」は、仕事をしながら旅をする人をサポートするワーケーション・メディアです…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ