注目のスタートアップ

カイコ由来タンパク質を用いた経口ワクチンを開発する「KAICO」が2.6億円調達

company

2021年12月15日、KAICO株式会社は、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

九州大学のオリジナルカイコを利用し、難発現性タンパク質を大量生産できる生産プラットフォームを商業的に構築しています。

また、2021年4月に、KAICOが開発生産したワクチン抗原タンパク質が経口摂取によりワクチン効果があることを確認し、特許出願をしています。

今回の資金は、人用(新型コロナウイルス、ノロウイルスなど)・動物用としての経口ワクチンの実用化に向けた研究開発の加速に充当されます。

バイオ医薬品は、微生物や動物細胞の機能を用いて、発酵や培養などの手法によって製造されます。

従来の医薬品と比べて薬効が高い・副作用が少ない・これまで治療薬のなかった病気への効果があるなどのメリットがあり、世界的にメジャーなものとなってきています。

たとえば、田辺三菱製薬株式会社は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの開発・臨床試験を行っていますが、このワクチンはタバコ属の植物の葉にウイルスの遺伝子を組み込み、葉の細胞でウイルスの構造を模倣した「VLP(ウイルス様粒子)」を生成することで製造されます。

このワクチンは、短期間の製造が可能であることや、2~8度程度の冷蔵保存でいいことなどがメリットとなっています。

このようにバイオ医薬品は従来の医薬品では考えられない特別な特徴を持ったものが生まれることがあります。

KAICOは、一部のカイコ由来のタンパク質において、経口摂取してもアミノ酸に分解されないものがあることを発見しました。

これにより、ワクチンを経口摂取しても免疫を獲得することができるようになります。

経口摂取ワクチンは、注射のための人材が不要になることや、常温管理が可能であるため輸送が容易で一般のドラッグストアに置くことも可能といったメリットがあります。

もし経口摂取ワクチンが実現されれば、世界中の医療において大きな革命がもたらされることになります。

研究開発型のビジネスは、資金調達が非常に重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KAICO ウイルス カイコ タンパク質 バイオ医薬品 ワクチン 創薬 医療 新型コロナウイルス 株式会社 経口ワクチン 資金調達 難発現性タンパク質
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「アルトア オンライン融資サービス」のオンライン本人確認「eKYC」がAndroidに対応
2020年3月16日、オリックス株式会社および弥生株式会社が共同で設立した、アルトア株式会社は、「アルトア オンライン融資サービス」におけるオンライン本人確認「eKYC」においてAndroidに対応し…
「マイカー賃貸カルモ」で最長11年の契約が可能に
2019年7月2日、ナイル株式会社は、「マイカー賃貸カルモ」において、2019年7月1日から、最長11年の契約形態を設けたことを発表しました。 「マイカー賃貸カルモ」は、月額定額料金でマイ・カーを保有…
車中泊スポットのシェアリング・サービスなど運営の「Carstay」が1.1億円調達
2021年12月1日、Carstay株式会社は、総額約1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 キャンピングカーと車中泊スポットのシェアリングサービス「Carstay」や、バンライフ…
腸内細菌バイオ・ベンチャーの「メタジェンセラピューティクス」が9,000万円調達
2021年3月19日、メタジェンセラピューティクス株式会社は、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 腸内細菌叢研究において国内有数の実績を有するチームからなる、腸内細菌バイオ・ベ…
「日立ハイテク」と「しまね信用金庫」が業務提携
2020年10月14日、株式会社日立ハイテクは、しまね信用金庫と、ビジネスマッチング契約を締結したことを発表しました。 ビジネスマッチング契約とは、金融機関が自金庫の取引先企業をビジネスパートナーとし…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ