注目のスタートアップ

家族信託サービス提供の「ファミトラ」が14億円調達

company

2021年12月15日、株式会社ファミトラは、総額約14億円の資金調達を実施したことを発表しました。

家族信託サービス「ファミトラ」を提供しています。

認知症による資産凍結を防ぐため、家族信託の組成をサポートするサービスです。

専任の家族信託コーディネーターや家族信託専門士が、要望を整理した上で家族の問題を解決するための提案を行います。

家族信託の組成後も、信託監督人として家族信託の事務手続きをサポートします。

今回の資金は、サービス開発や、採用・組織体制の強化、各ステークホルダーとの連携などに充当されます。

日本では少子高齢化が大きな課題となっています。65歳以上の人口は2021年に約29%だったものが、2045年には約37%になると予測されています。

高齢者が増加するにつれ、認知症を患う高齢者も増加するため、認知症を受け入れることのできる社会の構築が必要です。

認知症を患った際に大きな問題となるのが、認知症患者の財産の凍結です。

認知症患者は、正常な判断ができないとみなされた場合、銀行口座が凍結されてしまう恐れがあるのです。

口座が凍結されてしまった場合、家族が生活費を立て替えなくてはなりませんし、凍結解除の手続きを行う必要があります。

口座の凍結を解除するためには成年後見制度を利用する必要があります。

しかし成年後見制度は、家庭裁判所への申立が必要となるほか、すべての資産の管理や、定期的な家庭裁判所への報告が求められるため、大きな手間がかかってしまうことが課題です。

そのため、もうひとつの制度である「家族信託」を利用することが、認知症に伴う口座凍結の対策として望ましいのです。

家族信託とは、資産保有者が認知症などを患った際、子や孫などの家族に、資産の管理・運用・処分を託すことができる仕組みです。

管理・運用・処分についてはルールを取り決め家族以外の第三者を設定することでもできるため、第三者に資産運用を任せ、その利益を家族が受け取ることもできます。

家族信託は認知度が低いことが大きな課題ですが、資産運用の新たな形として目をつけるフィンテック企業がいくつか登場しています。

企業経営でも先を見据えた資金の運用・管理は重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期における資金繰り表の作成術など、資金に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ サポート ファミトラ フィンテック 家族信託 株式会社 認知症 資産 資金調達 運用
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ピッチ・イベント「earthkey pitch」企画・運営の「アースキー」が「電通」と事業連携 新規事業支援を強化
2021年1月12日、株式会社アースキーは、株式会社電通と事業連携を行うことを発表しました。 アースキーは、DX関連スタートアップによるピッチ・イベント「earthkey pitch」の企画・運営など…
てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara」運営の「ノックオンザドア」が資金調達
2020年5月14日、ノックオンザドア株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara(ナナカラ)」を開発・運営しています。 てんかん患者の…
国際物流スタートアップの「Shippio」が10.6億円調達
2019年11月11日、株式会社Shippioは、総額10億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ソフトウェアと、フォワーディング・サービスを組み合わせ、日本で初となるデジタル・フォ…
大企業・行政機関などのデジタル化を推進する「LayerX」が30億円調達
2020年5月28日、株式会社LayerXは、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ブロックチェーン技術を軸として、金融領域など、様々な産業のDX(デジタル・トランスフォーメーション…
住宅ローン手続き専用アプリ「いえーる ダンドリ」の新機能「スピード事前審査サービス」がリリース
2020年10月21日、iYell株式会社は、「いえーる ダンドリ」に新機能「スピード事前審査サービス」をリリースしたことを発表しました。 また、住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社と連携を行い…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ