中小機構によるアクセラレーションプログラム「FASTAR」2次公募が開始 1/24〆切

subsidy

2021年12月8日、独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「FASTAR」の2021年度支援先企業の2次公募を開始したことを発表しました。

「FASTAR」は、IPOやM&Aを視野に入れ、ユニコーン企業や地域有力ベンチャーを目指すスタートアップや個人に対し、資金調達や事業提携などによって成長の加速化を支援するアクセラレーションプログラムです。

「支援内容」
・中小機構の専門家が専任メンターとして、事業戦略や経営課題解決のためメンタリングを約1年間継続的に行い、事業計画のブラッシュアップを伴走支援
・事業戦略の解像度をより高めるための外部メンターのオンデマンドメンタリング
・セミナー・ワークショップの開催による、スタートアップの成長に必要なナレッジの提供
・中小機構の支援メニューを活用した、実証実験やテストマーケティングのパートナー探索、PoCの検証のサポート
・VCや大企業へのピッチ機会の提供や個別のマッチング等による、資金調達や事業提携の機会の創出

「支援対象」
グローバル規模での社会課題解決や成長産業の変革を目指している一方、経営面での人材やナレッジ、ネットワーク等に悩みを抱えているスタートアップ、または起業予定の個人。

公募期間
2021年12月8日(水曜)から2022年1月24日(月曜)

ユニコーン企業とは、評価額が10億ドル以上で未上場のスタートアップ・ベンチャー企業のことを指します。

アメリカ・中国にはユニコーン企業が200社以上存在していますが、日本には10社程度しか存在しません。

要因としては、米中と比べるとベンチャーキャピタル(VC)の投資額が少ないことが挙げられます。

また、新興企業向けの株式市場であるマザーズは上場基準が緩いため上場するベンチャー企業が多くなっています。このことも日本にユニコーン企業が少ない要因であるといわれています。

グローバルに成長するベンチャー企業の創出は、日本の成長や経済の牽引のためにも重要であるため、国は成長企業創出のための取り組みをいくつも行っています。

そのなかでもアクセラレータープログラムは重要な存在です。

国だけでなく自治体が主催するアクセラレータープログラムも増えており、アイデアを持ったベンチャー企業の発掘や成長の支援を通じて、地方の課題を解決しようとしています。

またベンチャー企業にとってもアクセラレータープログラムは、実証実験の場など外部のリソースを活用できる貴重な機会でもあります。

アクセラレータープログラムなどでは、他企業との協業もメリットです。自社にはないリソースを活用できるため、ビジネスを大きく成長させることもできるでしょう。「冊子版創業手帳」では、協業できる会社を見つけるための一歩として、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ FASTAR アクセラレーション・プログラム アクセラレーター・プログラム スタートアップ ベンチャー 中小企業基盤整備機構 中小機構 支援
詳細はこちら

~全国のスタートアップにおける成長加速化を支援~ 2021年度 アクセラレーション事業「FASTAR」二次公募を開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

知的障害者支援者向けeラーニング「Special Learning」提供の「Lean on Me」が資金調達
2020年2月26日、株式会社Lean on Meは、資金調達を実施したことを発表しました。 知的障害者の支援者を対象とした、eラーニング「Special Learning(スペシャルラーニング)」を…
「ジェトロ」が拠点都市8カ所においてオンラインによるアクセラレーションプログラムを実施
2021年8月26日、ジェトロ・スタートアップ支援課は、内閣府「スタートアップ・エコシステム形成推進事業」拠点都市8カ所のスタートアップを対象としたアクセラレーションプログラムをオンラインで実施するこ…
プロ人材特化マッチングサービスや転職支援の「みらいワークス」が「ニューホライズンコレクティブ」と業務提携
2021年5月27日、株式会社みらいワークスは、ニューホライズンコレクティブ合同会社と、業務提携を行うこととなったことを発表しました。 みらいワークスは、プロフェッショナル人材に特化した以下のような人…
DXデザイン事業の「EdMuse」とベトナムの送り出し機関の「COCORO INTERNATIONAL JSC」が業務提携
2020年10月21日、EdMuse株式会社は、COCORO INTERNATIONAL JSC(所在地:ベトナム社会主義共和国ホーチミン市)と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ブロックチェ…
栖峰投資ワークス株式会社 関 兵馬 | 京都を拠点に置く独立系VC
京都を拠点に置く独立系VC(ベンチャーキャピタル)で注目なのが関兵馬さんが2017年に創業した栖峰投資ワークス株式会社です。 VCの役割は、リスク資金の提供にとどまりません。 VCファイナンスやサポー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ