注目のスタートアップ

決算開示業務効率化サービス「Uniforce」開発の「start-up studio」が1億円調達

company

2021年12月3日、株式会社start-up studioは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

決算開示業務効率化クラウドサービス「Uniforce」(β版)を提供しています。

もっとも効率的なスケジュールの作成によって決算開示業務をナビゲーションすることで業務を効率化し、タスク化と一元管理によって時間・手間を削減します。

各タスクの進捗がリアルタイムでダッシュボードに表示されるため、現状を正確に把握することができます。

「Uniforce」(β版)は、2022年3月末日まで、すべての機能を無料で提供しています。

上場企業には、決算報告書によって経営成績や財務情報を公表する義務があります。これを決算報告書の開示義務といいます。

決算報告書は税務署に対する報告でもあり、また投資家に対する情報提供でもあります。

そのため企業にとっては重要な書類であり、決算報告書を作成・開示する業務である開示業務は重要な業務のひとつです。

開示業務はタイトなスケジュールであることが多く、また正確に行わなくてはならないため、スケジューリングが非常に重要です。

また、各年度ごとに適用される新しい会計基準や、法令に沿った開示が求められるため、専門的な知識を持った人材が必要となります。

そのため開示業務は属人的な業務となりやすく、退職などで人手不足になってしまうことも多々あります。

近年はガバナンス・コンプライアンスの徹底が重視されているということもあり、開示業務の重要性も増しています。

開示業務に特化したクラウドサービスは数少ないため、今後どのように伸長していくのか注目が必要です。

企業には、決算報告書の開示義務だけでなく様々な義務があります。健全な経営のためには法律をよく理解しておくことが重要です。累計発行部数200万部を突破した「冊子版創業手帳」では、起業にまつわる法律やその注意点などを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IR start-up studio Uniforce 一元管理 効率化 株式会社 業務効率化 決算 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

かかりつけ医を推進するプロダクトを開発・提供する「レイヤード」が「メディパル」「FFGベンチャービジネスパートナーズ」と資本提携
2023年1月16日、株式会社レイヤードは、メディカル・データ・ビジョン株式会社と資本業務提携および、株式会社メディパルホールディングス、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下のベンチャーキャピタ…
YouTuberと企業をつなぐマッチングプラットフォーム「Talema.」提供の「GANGAN」が1億円調達
2022年7月20日、GANGAN株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 GANGANは、YouTuberと企業をつなぐマッチングプラットフォーム「Talema.(タレマ)」…
クラウド型ホテル運営ソリューション提供の「SQUEEZE」が9億円調達
2020年4月1日、株式会社SQUEEZEは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型ホテル運営ソリューションを提供しています。 ICTとクラウド・ワーカーを活用して省人化された…
軽貨物と荷主のマッチング・プラットフォームなど運営の「CBcloud」が資金調達
2019年10月15日、株式会社CBcloudは、資金調達を実施したことを発表しました。 8月に行った、総額約12億3,900万円の資金調達に引き続き、JR東日本スタートアップ株式会社、BORベンチャ…
半径500m圏内のユーザーに宣伝ができるスマホアプリ「テイクGO」がリリース
2021年11月18日、株式会社ゼムスは、「テイクGO」をリリースすることを発表しました。 「テイクGO」は、サービス登録をしている飲食店の半径500m圏内に一般消費者が近づいた場合、スマートフォンの…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ