医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD」や医療VRサービス提供の「Holoeyes」が資金調達

company

2021年11月5日、Holoeyes株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD」を提供しています。

CT・MRIなどから得られた画像情報をコンピューター処理することで、3D人体データとして表示するなど診療に役立つ情報として提供するサービスです。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を併用することで、3次元空間で術前シミュレーションを行うことが可能となります。

また複数人で同じ3Dデータを閲覧できる「Holoeyes VS」を利用することで、手技の共有やカンファレンスを行うことができます。

医療機器として認められておらず医療現場で利用することはできないものの、「Holoeyes MD」の開発段階にあるプロトタイプ機能が実装されている「Holoeyes XR」を、教育や論文執筆目的のために提供しています。

VR・AR・MRなどの技術を総称してxR技術と呼びます。

SFなどでは慣れ親しんだ技術ではありますが、通信インフラの整備が進んだことによりようやく実現可能となりました。

現在xRは、「見る」コンテンツ/体験が多いのですが、触覚などの運動感覚を再現するための研究開発が行われているほか、脳神経を直接刺激することで人間に狙った影響を与えたり能力を拡張する技術も研究開発が行われており、これらは没入型のxRの実現のために活用されていくと考えられています。

しかし、たとえば神経を直接刺激する技術などは悪用された場合非常に危険です。これらのテクノロジーは人間存在や倫理に関わる課題を抱えており、xRに警鐘を鳴らす専門家も少なくはありません。

こういった側面もあるxRですが、もちろん悪用されなければ非常に便利な技術です。

たとえば触覚の再現が実現された場合、遠隔での手術が可能になると考えられています。

医療業界では医師の人手不足が深刻であるほか、医師のスキルにも個人差があるため、病院によって受けられる医療に差があります。

特に大都市と地域では格差があり、この地域医療の格差は大きな課題となっています。

もし遠隔医療・手術が実現されれば、スキルのある医師がその場にいなくても手術を行えるため、地域医療の格差を改善することができます。

またロボット技術の進展も考えると、遠隔でロボットを操作することで手術を行えるといった時代もやってくるでしょう。

最新技術の開発には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Holoeyes Holoeyes MD Holoeyes XR VR XR データ 医療 医療機器 情報 株式会社 画像 表示 診療 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

YouTubeアニメを制作・配信する「Plott」が資金調達
2021年6月14日、株式会社Plottは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 Plottは、オリジナルのアニメーションコンテンツを制作し、YouTube上で配信し…
大企業・行政機関などのデジタル化を推進する「LayerX」とマイナンバーカード特化ソリューション開発の「xID」が業務提携
2020年12月3日、株式会社LayerXと、xID株式会社は、ブロックチェーンやデジタルIDの特長を活かした行政サービスの実現に向け共同研究・開発の開始について合意したことを発表しました。 Laye…
ダンス・スポーツの練習指導支援アプリ運営の「ウゴトル」が1,000万円調達
2019年8月28日、株式会社ウゴトルは、総額1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ダンス・スポーツの練習指導支援アプリ「ウゴトル」を運営しています。 “お手本動画をベースに正しいフ…
「リエールファクトリー」が飲食店とITツールをマッチングするIT情報集約サイト「CAROT」を4/1リリース
2020年3月31日、リエールファクトリー株式会社は、「CAROT」を2020年4月1日にリリースすることを発表しました。 「CAROT」は、飲食店経営をサポートするCAROT株式会社との共同による、…
「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」に社名を変更し営業を開始
2021年4月5日、PayPay銀行株式会社は、関係当局から商号変更に係る認可を取得し、2021年4月5日にジャパンネット銀行から社名を変更し、PayPay銀行として営業を開始したことを発表しました。…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ