注目のスタートアップ

CROサクセスプラットフォーム「dejam」運営の「LeanGo」が資金調達

company

2021年10月26日、株式会社LeanGoは、資金調達を実施しました。

CROサクセスプラットフォーム「dejam」を運営しています。

独自機能であるCROサジェストにより、CVR(コンバージョン率)向上のための改善案の検討を自動で提案するサービスです。

コンサルタントに外注するよりも、低コストかつ短時間で改善案を得ることができます。

CROサジェストとは、施策やデザインデータといったビッグデータの分析から得た知見から改善案を自動提案する独自の機能です。

改善したい箇所とパーツ名を選ぶだけでCVRの改善施策を得ることができます。

CVR(コンバージョン率)とは、サイト訪問者のうちどれくらいが、商品の購入や資料請求などのコンバージョンに至ったのかを表す指標です。

サイト流入数はあるのにCVRが悪い場合は、サイトの構造に問題がある可能性が高いといわれています。

サイトの構造の問題というと、導線やコンバージョンへの行動喚起ができていないなどが考えられます。

これらの課題は、サイト内のユーザーの行動を可視化するヒートマップツールを活用することで把握することができます。

しかし課題を把握できるだけなので、改善案については自身でどうにかするしかありません。

多くの場合、CVRの改善のためにはコンサルタントに依頼することとなります。

しかしコンサルタントに依頼する場合、コストが高くつくことと、改善案を得られるまで数日から数週間かかってしまうのが大きなネックです。

そのためCVR向上のためには、ヒートマップツールだけでなく、改善案の提案を行ってくれるツールも求められています。

CVRの最適化をCRO(Conversion Rate Optimization)と呼びますが、CROの自動化はまだ未開拓な領域です。LeanGoの資金調達により、どのように市場が成長していくのか注目が必要です。

CROに限らず改善のための施策は重要です。クラウドサービスなど改善を支援してくれるツールを活用することで、利益を向上させていくとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期のシステムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CROサジェスト CVR dejam LeanGo コンバージョン率 改善 株式会社 自動 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地域の専門家プラットフォーム運営の「ミツモア」が5億円調達
2019年6月27日、株式会社ミツモアは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 地域の事業者と依頼者を結ぶオンライン・プラットフォーム「ミツモア」を運営しています。 カメラマン・士業・ク…
ビジネス書などの要約サービス「flier」運営の「フライヤー」が2億円調達
2021年1月18日、株式会社フライヤーは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビジネス書や、実用書、教養書など、幅広い分野から厳選した本の要約を提供するサービス「flier(フライヤ…
医療介護マッチング・サービス運営の「KURASERU」が「前澤ファンド」から資金調達
2021年1月1日、株式会社KURASERUは、株式会社前澤ファンドから出資を受けたことを発表しました。 KURASERUは、退院後や在宅療養が困難な要介護者と介護施設をマッチングするサービス「KUR…
需要者と供給者を直接マッチングする木材プラットフォーム「eTREE」運営の「森未来」が8,000万円調達
2021年10月6日、株式会社森未来は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 いつでも簡単に適正価格の木材を購入できるプラットフォーム「eTREE(イーツリー)」を運営しています…
個人向けサブスクリプション型イベント予約プラットフォーム運営の「Sonoligo」が7,000万円調達
2021年8月26日、株式会社Sonoligoは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人向けサブスクリプション型イベント予約プラットフォーム「Sonoligo(ソノリゴ)」…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ