植物由来のバイオマスプラスチック「PlaX」を製造・販売する「Bioworks」が資金調達

company

2021年10月11日、Bioworks株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

生分解性とCO2排出削減効果の2つの特性を持つポリ乳酸を使用したバイオプラスチック「PlaX」を製造・販売しています。

また「PlaX」を活用した繊維「PlaX Fiber」の開発にも成功しており、提供を開始しています。

「PlaX Fiber」は、ポリ乳酸に独自の植物由来の添加物を加えることで、染色性や耐久性を向上させた、ほぼ100%植物由来の合成繊維です。

ポリ乳酸自体が抗菌・消毒・弱酸性などの機能性を持っています。単独での利用だけでなく、異なる素材と組み合わせて利用することもできます。

今回の資金は「PlaX Fiber」のさらなる研究開発や、設備の拡充、人材の獲得、製品・販路の拡大に充当されます。

現在、プラスチックの多くは石油由来の原料を使用しています。

この石油由来プラスチックは環境負荷が大きく、また資源にも限りがあるため、持続可能な植物由来プラスチックへの代替が進められています。

石油由来プラスチックの問題としては、微生物の働きによって分解されないことが挙げられます。

プラスチックのうちリサイクルされるものは約10%弱しかなく、約80%が埋め立てや自然界に投棄されており、2050年には海洋中のプラスチックが魚の総重量を上回るともいわれています。

そのため植物由来プラスチックには、微生物によって分解される「生分解性」という特性も求められています。

しかし生分解性という特性は、材料の耐久性・安定性とトレードオフの関係にあります。

石油由来プラスチックを完全に代替するためには、この耐久性・安定性の問題を解決しなくてはなりません。

また、石油由来製品としては、合成繊維を多く利用するアパレル業界のことも考える必要があります。

アパレル業界は、非常に多くの水と、多くのプラスチック素材を利用・海洋投棄しているため、環境汚染産業ランキングで2位であると指摘されています。

特にファストファッションは、安価に大量生産を行うため、ポリエステルやナイロンなどの石油由来の化学繊維を利用しています。

品質の低い化学繊維の服を洗濯する際、細かい繊維が下水に放出されているという報告もあり、ただリサイクルするだけではいけないということもわかっています。

この問題を解決するためには、麻や綿などの天然素材を利用すればいいのですが、価格や機能性の問題が生じてしまいます。

そのためアパレル業界では、化学繊維を完全に代替するような、機能性がありながら生分解性を持つ合成繊維が求められています。

研究開発系のビジネスでは、資金調達が成長に直結してきます。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資してもらうためのノウハウや、クラウドファンディングの使い方など、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Bioworks PlaX PlaX Fiber バイオプラスチック プラスチック ポリ乳酸 合成繊維 株式会社 植物由来 素材 繊維 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

半径500m圏内のユーザーに宣伝ができるスマホアプリ「テイクGO」がリリース
2021年11月18日、株式会社ゼムスは、「テイクGO」をリリースすることを発表しました。 「テイクGO」は、サービス登録をしている飲食店の半径500m圏内に一般消費者が近づいた場合、スマートフォンの…
VR酔いを防ぐ技術を保有する「UNIVRS」が7,000万円調達
2019年10月8日、株式会社UNIVRSは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 特許出願中の、VR酔いを防止する移動技術を保有しています。 従来のVRコンテンツでは、VR酔…
学習管理SNSなど提供の「スタディプラス」が7億円調達
2020年1月20日、スタディプラス株式会社は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 学習管理SNS「Studyplus」や、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus…
リファラル×エンジニアで切り込めるか エンジニア同士で仕事紹介できるサービス運営の「Re:Build」が3,000万円調達
株式会社Re:Buildは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニア同士で仕事紹介できるサービス「Tadoru」を運営しています。 システム開発を依頼したい企業が、“タ…
地域のパン屋さんと消費者をつなぐ「パンフォーユー」が資金調達
2020年6月9日、株式会社パンフォーユーは、資金調達を実施したことを発表しました。 地域のパン屋と消費者をつなぐプラットフォームを運営しています。 具体的には、日本各地のパン屋の焼きたてのパンを冷凍…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ