「みんなの銀行」と「ピクシブ」が連携しクリエイターやファン向けの銀行(金融)サービス提供へ

tips

2021年6月21日、株式会社みんなの銀行と、ピクシブ株式会社は、「金融」と「非金融」を組み合わせた新たな価値共創に向けて基本合意を締結したことを発表しました。

みんなの銀行は、スマホ完結のデジタルバンク「みんなの銀行」を開発・運営しています。

スマートフォンを通じ、デジタルネイティブ世代のニーズに合った金融機能・サービスの提供を目指し、2021年5月からサービスの提供を開始しています。

また、金融・機能サービスをAPIを通じて事業者に向けて提供するBaaS(Banking as a Service)事業も展開しています。

ピクシブは、イラストレーターなどのクリエイターのためのSNS「pixiv」を運営しています。

今回の基本合意により、ピクシブが提供するサービスを利用するクリエイターやファン向けに銀行サービスを提供し、創作活動で生じる“お金”に関する不安・負担の軽減や、ファンが“お金”を使って作品を楽しみクリエイターを支援できる仕組みづくりの構築を目指します。

銀行APIの開放により、英国などの欧州や米国におけるFintechでは、非金融事業者のアプリやサービスが金融サービス(決済機能など)を組み込んで金融サービスを提供する、「Embedded Finance(エンベデッド・ファイナンス)」がトレンドとなっています。

日本においても銀行APIのオープン化が進むにつれ様々な金融サービスが登場していています。

この次の流れとして、銀行サービスをすべてモバイル上だけで完結させるモデルであるチャレンジャーバンクが注目を集めており、イギリスなどではすでに複数の事業者が登場しています。

チャレンジャーバンクは銀行業務ライセンスを取得して事業を行うため、既存の銀行から完全に独立した事業展開が可能となり、銀行サービスにおいてイノベーションを起こす存在です。

事業の運営や新たなビジネスに挑戦する際には資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資を受ける際の注意事項やノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ BaaS pixiv イラストレーター クリエイター サービス チャレンジャーバンク デジタルバンク ピクシブ ファン みんなの銀行 株式会社 連携 金融 銀行
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建設・土木の生産支援クラウド運営の「フォトラクション」が5.7億円調達
2020年5月27日、株式会社フォトラクションは、5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」を開発・運営し…
M&A総合支援プラットフォーム「BATONZ」運営の「バトンズ」がECマーケティング事業など展開の「いつも」と協業
2021年6月2日、株式会社バトンズと、グループ会社の株式会社日本M&Aセンターは、株式会社いつもと、3社間での協業を開始したことを発表しました。 バトンズは、M&A総合支援プラットフォーム「BATO…
事業承継促進プラットフォーム「relay」が立ち上げ 2020年春に本サイト開設予定
2020年2月13日、株式会社ライトライトは、「relay(リレイ)」の立ち上げを発表しました。 また、同日にティザー・サイトにリリースされました。 本サイトの開設は、2020年春を予定しています。 …
障害者雇用コンサルティング事業展開の「アクティベートラボ」が資金調達
2020年2月17日、株式会社アクティベートラボは、資金調達を実施したことを発表しました。 身体障害者が障害部位で繋がるSNS「OpenGate」運営や、障害者雇用コンサルティング事業を展開しています…
医療現場の事務作業効率化を支援する「AI問診Ubie」提供の「Ubie」が20億円調達
2020年6月4日、Ubie株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 医療現場の事務作業効率化をサポートする「AI問診Ubie」や、生活者向けサービス「AI受診相談ユビー」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ