YouTubeアニメを制作・配信する「Plott」が資金調達

2021年6月14日、株式会社Plottは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社小学館です。

Plottは、オリジナルのアニメーションコンテンツを制作し、YouTube上で配信しています。

小学館とは、『月刊コロコロコミック』で連載している「ブラックチャンネル」のアニメをYouTubeで共同運営しています。

今後、小学館が持つ漫画・アニメの知見や運営するデジタル漫画アプリの顧客層と、Plottが持つYouTubeアニメコンテンツ制作ノウハウやPlottファンなどが補完できる関係にあることから、YouTubeが主要メディアになる新時代のIP創出を協力して目指します。

総務省の「主なメディアの利用時間と行為者率」によると、全年代においてネット利用時間は増加しており、反対にテレビの視聴時間は減少しています。

特に10代と20代が顕著であり、2017年の時点でテレビの視聴時間よりもインターネットの利用時間が上回っています。

また、Googleの報告によると、2020年は日本におけるYouTubeの視聴人数が飛躍的に増加し、9月のYouTube月間利用者数は6,500万人を超えたようです。

今後もYouTubeなどのネット動画コンテンツは成長を続けていくと予想されています。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

株式会社Plott代表取締役 奥野翔太氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社Plott代表取締役 奥野翔太氏よりコメントが届きました!

奥野翔太(おくのしょうた)
1995年生まれ。筑波大学情報科学類卒業。
大学在学中に起業し、ゲーム・ドラマ・VTuberなど複数コンテンツを企画・プロデュース。
2019年より「テイコウペンギン」を立ち上げ、その後複数のYouTubeアニメをリリース。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

奥野:元々VTuber事務所を運営しておりYouTube市場について観察している中で、アニメの可能性やクリエイターの可能性を見出し、この事業を始めました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

奥野:人材採用や協業の面において認知度が上がり、多くのお声がけをいただくようになりました。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

奥野:次なるYouTubeアニメの創出はもちろん、YouTubeで生んだIPを生かしたグッズやコミックなどのIP展開を考えております。

ー今後の展開が楽しみです。ありがとうございました!
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Plott YouTube アニメ アニメーション オリジナル コンテンツ 制作 小学館 株式会社 資金調達 配信
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」運営の「WORKOUT」が資金調達
2019年12月9日、株式会社WORKOUTは、資金調達を実施したことを発表しました。 パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」を運営しています。 2019年12月現在、関東地域を拠点にグループ2…
「クオンタムリープベンチャーズ」がアフター・コロナ時代を見据え1号ファンドを設立
2020年5月20日、クオンタムリープベンチャーズ株式会社は、1号ファンドである「QXLV投資事業有限責任組合」を設立し、本格運用を開始したことを発表しました。 クオンタムリープベンチャーズは、201…
ホテル&レジデンス・ブランドの「Sanu」が1億円調達
2020年8月7日、株式会社Sanuは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ホテル&レジデンス・ブランド「SANU」を展開しています。 第1弾のサービスとして、「SANU 2nd Ho…
フィットネス・シェアリング・サービス運営の「ナップワン」が1億円調達
2020年3月30日、ナップワン株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、社名をLlotheo株式会社から、ナップワン株式会社に変更したことも併せて発表しました。 ナップワ…
宇宙ベンチャーの「Space BD」が3.8億円調達
2019年10月21日、Space BD株式会社は、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宇宙ベンチャーとして、商業的なアプローチにより宇宙産業の発展への貢献を目指しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ