ベンチャー企業向けコーポレート領域支援の「WARC」が3億円調達 マネーフォワードと資本業務提携

company

2020年11月17日、株式会社WARCは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

以下の事業を展開しています。
・ベンチャー企業を中心とした成長企業に対し、経営課題の解決・経営管理体制の構築・経理財務・採用戦略・IPO支援など、あらゆる領域をオーダーメイドで支援する「Co-WARC事業」
・M&Aのフルラインナップ・サービス「M&Aアドバイザリー事業」
・コーポレート部門のプロフェッショナル人材と企業をつなぐ人材紹介サービス「WARC AGENT事業」
・成長企業の支援に関する課題をテクノロジーの力で解決する「HR tech事業」

今回の資金は、管理部門特化型の転職サービス「SYNCA」の開発や、成長企業支援のための体制強化に充当される予定です。

また、引受先の1社である株式会社マネーフォワードとは業務提携を開始し、スタートアップ・ベンチャー企業向けの支援を行っていきます。

具体的には以下の施策を予定しています。
・両社のサービスの相互提供
・管理部門業務のオペレーション構築支援
・マネーフォワードシンカとWARCによるスタートアップ共同支援の実施

企業は事業部と管理部門に分けられ、この2つの部門がうまく連携することで成長します。しかし、スタートアップやベンチャー企業は事業部の比重が大きく、管理部門(バック・オフィス)の構築が後回しになってしまう傾向があります。

バック・オフィスは定型業務が多いためRPAなどで効率化を図ることはできますが、しかし定型業務“だけ”を行っているわけではありません。

事業をグロースさせEXITへ向かっていく段階では、IPO準備など組織づくりを行う必要があります。この段階に差し掛かって急遽バック・オフィス体制を整備しても、多くの場合が崩壊してしまいます。

そのため、事業を成長させるためには、できるだけ初期の段階からバック・オフィス体制を整備しておくほうがよいのです。

企業の体制を構築するには人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合が多いでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ M&A WARC ベンチャー マネーフォワード 支援 株式会社 経営管理 資本業務提携 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

住宅ローン・プラットフォーム運営の「iYell」が16.5億円調達
2019年9月30日、iYell株式会社は、総額16億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住宅ローンのマーケットプレイスを軸とした「iYell住宅ローンプラットフォーム」を運営して…
介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」運営の「Rehab for JAPAN」が1.6億円調達
2020年2月3日、株式会社Rehab for JAPANは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を開発・提供しています。 機…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年6月30日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、豊田通商株式会社です。 以前の資金調達は2020年3月4日で、総額約80億円を調達しています。 APBは、次世…
調剤薬局向け次世代電子薬歴システム「Musubi」提供の「カケハシ」が18億円調達
2020年10月12日、株式会社カケハシは、総額約18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 調剤薬局向け次世代電子薬歴システム「Musubi(ムスビ)」や、おくすり連絡帳アプリ「Pocket …
リファラル採用活性化サービス「Refcome」運営の「リフカム」が資金調達
2020年2月5日、株式会社リフカムは、資金調達を実施したことを発表しました。 リファラル採用を活性化させるクラウド・サービス「Refcome」や、スタートアップに特化したリファラル採用サービス「Re…

大久保の視点

デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ