サブサハラアフリカの小規模農家向けサプライチェーン効率化事業展開の「Degas」が2.4億円調達

company

2020年11月2日、Degas株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

サブサハラアフリカ (アフリカのサハラ砂漠以南地域) の小規模農家向けに農業サプライチェーンの効率化事業を展開しています。

具体的には、土地面積に対する生産性の低さを解消するため、小規模農家をネットワーク化し、高品質な種子・肥料の提供や、農業知識の指導、収穫物の回収〜買取、バイヤー側への販売を行い、生産性能向上を支援します。

また、一貫して行う効率的なオペレーションを「Degas Farmer Network」としてパッケージ化して提供しています。

今回の資金調達により、ガーナ国内最大のトウモロコシ農地の運営を開始します。また、「Degas Farmer Network」のさらなる拡大や、加入農家の収穫高や買取実績等の独自データを活用した、農家の信用格付アルゴリズムの設計や銀行・保険会社等との提携を通した農家へのファイナンス事業にも参入します。

国連が定めた“持続可能な開発目標(SDGs)”では、“飢餓の終息、食料安全保障および栄養改善を実現、持続的農業の促進”が第2の優先目標として掲げられています。

サブサハラアフリカでは、栄養不足に陥っている人口の割合は、21世紀最初の十年で29.1%から20.6%まで減少したものの、2015-2016年には2億人から2.24億人へと22.7%に再び上昇しています。

主な要因は紛争や気候変動であるため、これらの課題を解決するためには先進国による支援が必要となります。アフリカもこの課題を重要視しており、アフリカ連合加盟国は「包括的アフリカ農業開発プログラム(CAADP)」により2025年までの飢餓撲滅のために尽力しています。

しかし、アフリカ連合加盟国や先進国による様々なコミットメントがあるものの大きな進歩はなく、2025までに栄養不良率を5%以下にまで削減できそうな国はアフリカ55カ国のうち9カ国であると予測されています。

食糧危機など大きな社会課題を解決するためには、政府やNGOなどの取組みだけでなく、ビジネスにより持続的に利益を上げられる仕組みを構築することも重要です。社会課題解決型ビジネスはビジネスとして成立させるのに障壁があります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を乗り越えてきたかを知ることは、ビジネスの成長につながるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SDGs アフリカ サブサハラアフリカ サプライチェーン 効率化 株式会社 生産性 資金調達 農家 農業 食糧危機

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「メルカリ」がマザーズ上場初日で時価総額トップに
平成30年6月19日、株式会社メルカリは、東京証券取引所マザーズ市場に上場し、会見を開催しました。 上場初日、株式市場はそのメルカリを1株あたり5300円と評価しました。時価総額は約7172億円で、マ…
ジャパンネット銀行と弥生、公式連携を開始
株式会社ジャパンネット銀行と、弥生株式会社は、弥生が提供する口座連携機能とジャパンネット銀行が提供するインターネットバンキングの参照系APIとの連携開始を発表しました。 ジャパンネット銀行に口座を持ち…
不動産における軽作業のワーク・シェアリング・サービス「COSOJI」開発の「Rsmile」が資金調達
2020年11月9日、Rsmile株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 マンションなどの不動産における軽作業(共用部の掃除、草むしり、巡回など)のワーク・シェアリング・サービス「COSO…
クラウド型RPA「Robotic Crowd」提供の「チュートリアル」が5.52億円調達
2020年5月13日、株式会社チュートリアルは、総額5億5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型RPA「Robotic Crowd」を提供しています。 APIが提供されていな…
無料の事業計画作成サービス「ProfinanSS」がリリース
2019年12月18日、株式会社プロフィナンスは、「ProfinanSS(プロフィナンス)」をリリースしたことを発表しました。 「ProfinanSS」は、事業計画を無料で簡単に作成できるWebサービ…

大久保の視点

デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ