注目のスタートアップ

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。

company

2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォーム「ラクスル」などを運営するラクスル株式会社です。

ペライチは、ホームページ制作SaaS「ペライチ」を運営しています。

プロがデザインしたテンプレートと、使いやすいUIにより、誰でも簡単にオリジナルのホームページを制作することができます。

Web予約・決済などの機能もあるため、オリジナルのネット・ショップを開設することもできます。

ほぼすべての人がスマートフォンを保有するようになり、いつでもインターネットにアクセスできる環境にあります。そのため企業のホームページは情報発信や信頼性の確保のために重要です。

しかし中小企業は、IT人材の不足やコストの面から、ホームページの制作や運用に課題を抱えています。「ペライチ」のように、使いやすさを重視した制作・運用サービスは、このような中小企業の助けとなっています。

累計150万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、起業家の生の声を集め、本当に役立つ情報を提供しています。ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

創業手帳の代表・大久保の解説

編集者
ホームページ制作システムで有名なペライチ。
ホームページだけでなく、LP(ランディングページ)でもよく使われたりしています。
簡単に作れるのが特徴。また、国産なので外資勢に比べると利用者の草の根コミュニティなどにも力を入れている印象。

ホームページはゼロから立ち上げるより、こうしたCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使うと簡単にできます。
この領域では、オープンソースのWordpressの他、SaaS型では、外資勢のJimdo、wix、国内ではGMOのgoopeなどの中で、スタートアップから出てきた国産のCMSがペライチ。
スタートアップ業界では馴染みのある両者の提携。
CMなどもやっている印刷通販のラクスルと組むというのは面白い展開ですね。
ラクスルは、印刷通販からスタートして、総合的な広告販促支援に行こうとしてようなので、その中で、ペライチに出資することでシナジーを狙っていそうな感じです。
ペライチとしては、機能開発やアカウント獲得に資金をつぎ込むと思われます。
自分は創業前に、EC系のSaaSの会社の役員をしていましたが、SaaSビジネスは
SaaS系は、規模の経済が働くため、アカウント拡大と、機能開発は成長の車の両輪になります。
SaaSの場合、アカウント数が多いと機能開発のコストが分散するため、アカウントが増えると、機能開発しやすくなってより成長するという力学が働きます。
巨大なアカウント数と資金力を持つ、外資、大手の規模のメリットに対抗する上で、販売関係のシナジーと販促・機能開発の資金を両方を狙っているようです。
今後この件だけではなく、データベースを作った、WEB・紙の販促の統合運用もあるのかもしれません。

解説者 大久保幸世
創業手帳 株式会社 代表取締役
大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。 創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaaS ペライチ ホームページ ラクスル 制作 大久保幸世 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

韓国発ゴルフウェアのコミュニティ型EC「SOMUA CLUB」がリリース
2022年3月7日、株式会社ICBREAKは、「SOMUA CLUB(ソムアクラブ)」を正式リリースしたことを発表しました。 「SOMUA CLUB」は、韓国ゴルフウェアのコミュニティ型ECです。 コ…
3Dアイテムに特化したNFTマーケットプレイス「MetaMart」などを展開する「Suishow」が「ピアズ」と業務提携
2022年7月27日、Suishow株式会社は、株式会社ピアズと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Suishowは、メタバースとブロックチェーンによる新しい価値の創出を目指す、東京大学・早…
鹿児島県の産地直送品を全国に届ける「かごしまぐるり」を運営する「オービジョン」に「フューチャーベンチャーキャピタル」が投資を実行
2022年11月15日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社チェンジ、株式会社チェンジ鹿児島と共同で2022年6月に設立した「かごしまスタートアップ支援投資事業有限責任組合(かごしまス…
再生可能エネルギーなどエネルギー・サービス事業の「Looop」が28.3億円調達
2020年6月30日、株式会社Looopは、総額28億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ENEOS株式会社、NECキャピタルソリューション株式会社、双日株式会社、日本グ…
360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア提供の「スペースリー」が4億円調達
2022年9月6日、株式会社スペースリーは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スペースリーは、360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア「スペースリー」を開発…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ