「凸版印刷」が法人向けの電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい」をリリース

2020年6月30日、凸版印刷株式会社は、「えほんほーだい」の提供を2020年6月から開始したことを発表しました。

「えほんほーだい」は、法人・企業が運営する店舗や施設のWi-Fi経由で電子絵本・児童書を読み放題で配信するサービスです。

利用者は、自身のスマートフォンなどの端末や、店舗・施設に備えつけてある端末からWi-Fiに接続し、掲示されているQRコードを読み取ることでサービスを利用することができます。

コンテンツは、凸版印刷のグループ会社である株式会社フレーベル館が、幼児から小学生を対象とした電子絵本・児童書の合計50冊を読み放題として提供します。

顧客の満足度の低下につながりやすい要因に待ち時間があります。

そのため従来から本や雑誌、テレビなどを設置する取組みはありました。しかし本などでは破損や、場所、衛生、盗難などの問題があります。

快適性は顧客だけでなく、オフィスで働く従業員にとっても重要です。「総務手帳」では、オフィスの快適性を上げるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ えほんほーだい サービス リリース 凸版印刷 株式会社 絵本

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ