「パイプドビッツ」が金融機関向け「融資相談受付支援アプリ」の無償提供を開始

2020年5月22日、株式会社パイプドビッツは、金融機関向け「融資相談受付支援アプリ」の無償提供を開始したことを発表しました。

「融資相談受付支援アプリ」は、融資の相談を24時間Webで受け付け、電話対応業務を大幅に削減できる、金融機関向けサービスです。

このサービスを導入することで、相談者はスマートフォンやPCから24時間365日、いつでも融資相談の手続きが行えます。

金融機関側は、相談情報をWebで受け付けるため、電話対応業務を大幅に削減することができます。

このサービスは、新型コロナウイルス感染症の拡大より、借入れや返済に関する相談が急増している金融機関を支援することを目的としています。

金融機関は、国内の市場規模の縮小や、異業種からの新規参入などにより、厳しい競争のなかにあります。

そのため収益性を上げるため、現場の生産性の向上や業務効率化は重要な課題となっています。

定型業務の多い金融機関では、定型業務を自動化するRPAや、非定型である書類を読み取るOCR技術などが業務効率化に大きく貢献するとみられています。

創業期は最新の業務効率化ツールを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの構築について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ パイプドビッツ 支援 新型コロナウイルス 株式会社 相談 融資 融資相談受付支援アプリ 金融機関
詳細はこちら

金融機関向け「融資相談受付支援アプリ」の無償提供開始

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集